乳がん検診・マンモグラフィーの害。早期発見、早期治療の嘘。

 

  

来月の10月はピンクリボン月間ということで、乳癌検診、早期発見を呼びかける記事をよく見かけますので、前回の記事に新たな情報を追加します。

 

前回記事はこちらになります。

 

ラプト理論をご存じの方は、癌が嘘で、がん検診は意味がないということは、すでにご存じだと思いますので、今回の話は、乳がん検診を受けるべきかどうか迷っておられる方を対象にしています。

生涯で乳がんを患う日本人女性は、11人に1人いるといわれており、がん検診で早期発見、早期治療が大切だという記事が沢山見受けられます。
そのような記事を読んでいると、だれでもがん検診をうけないといけないような気になってくるかもしれません。

しかし、まず知っておきたいのは、国の指針では、乳がん検診の対象となっているのは40歳以上の女性であり、また、75歳以上の乳がん検診は推奨されていません。

検診では、問診、マンモグラフィが基本になっています。

視診と触診は推奨はされていませんが、実施する場合はマンモグラフィ検査と併用されます。

 

マンモグラフィーの検査はこのような機械で写真を撮るのですが・・・

乳房を板で挟むので、人によっては大変痛い思いをされます。

 

そうしてできあがった写真ですが、人によって乳腺の量がことなりますので、病変が見つかりやすい写真と見つかりにくい写真があります。

 

 

高齢者では、乳腺量が少ないので、脂肪性、クロっぽい写真になり、病変が見つけやすくなります。

一方、若年者では、乳腺量が多いので、白っぽい写真になり、病変が写らない、あるいは病変を見落とす可能性が高くなります。

 

このため、乳腺の密度が高い40代では、検診精度が低くなるという課題があり、マンモグラフィ検査に「超音波検査」を組み合わせている施設もあります。

超音波検査についての有用性の有無についてですが、東北大学の研究グループにて、約7万6千人の40代の女性を、マンモグラフィ検査を受けたグループと、マンモグラフィ検査に超音波検査を加えたグループに無作為に分けて比較する大規模な臨床研究の結果、がんの発見率が、超音波検査を加えたグループの方が1.5倍高かったという報告があります。これだけを聞くと超音波検査も受けたくなるかもしれませんが、がん検診によって死亡率を減少させる効果はまだ認められていません。

 

検診でみつかるような癌は、増殖速度が遅いものが多く、放置しておいても寿命に影響しないものが多いのです。

 

死亡率を減少させることができなければ、がん検診は意味がありません。

 

マンモグラフィーで乳がんによる死亡が減少するという報告がありますが、全ての死因を合わせた全死因死亡率の減少が証明された研究はありません。

がん検診では、偽陽性や精密検査、過剰治療によるストレスで、様々な病気を発生し、寿命を縮めてしまうことがあるので、仮にがんの死亡率が減少しても、全体では死亡率が減少しないのです。

また、先ほどとは逆ですが、適切にランダム化された試験では、マンモグラフィーによるがん検診では乳がんによる死亡を減らさないという研究もあります。

(BMJ 2016;352:h6080)

乳がん検診を受けたら、がんにならないとか、がんになる可能性が減ると思っている人がいるようですが、そのようなことはありません。

次に、がん、悪性腫瘍の増大速度について記載します。

 

 

この図は腫瘍が発生してからの時間と腫瘍の大きさを表したものです。
医学教育では、がんは進行性に増大して致死的だと教えられます。
皆さんもそのように信じていると思います。
しかし、実際には、腫瘍の増大速度は、その腫瘍ごとに異なっています。
図の very slow および、non-progressive と書かれている腫瘍は、症状が出ることなく寿命を迎えますから、これを検診で発見し、治療をするとなると、有害でしかありません。
中には自然退縮、つまり自然に治る腫瘍もあります。

がん検診の現場では、このような増殖の遅い腫瘍が沢山みつかり、無駄な治療が行われています。

そして、進行した乳がんの発生数が検診によってほとんど減少していないといわれているので、増殖の早い腫瘍はがん検診ではほとんど見つけることができないということです。

これは、増殖の速い腫瘍は、発見できるサイズになってから、次の検診までの期間に症状が出てしまうからです。

では、年に1回の検診を年に2回、3回に増やせばいいのかというと、そういうわけにはいきません。ますます、放置しておいてよい腫瘍が見つかり,過剰診断、過剰治療が増えて害が大きくなります。

 

がん検診で早期発見、早期治療が大事と言われますが、実はこの早期発見、早期治療の効果には嘘が混ざっています。

 

まず、レングス・バイアスがあります。

これは腫瘍の増大速度の差によるバイアスです。

検診では増大速度の遅いがんのグループが発見される可能性が高くなります。

増大速度の遅いがんは、増大速度の速いがんに比べて一般に予後が良好ですから、検診で発見されたがんと、外来で発見されたがんとでは、予後や生存率が異なっていたとしても、それが検診の効果なのか、あるいは各々で発見されるがんの増大速度の違いに由来するものなのか判別し難いのです。

上の図は、青が増大速度の遅い腫瘍で、赤が増大速度の速い腫瘍です。

増大速度の遅い腫瘍と早い腫瘍が同時に発生したとき、癌検診までに増大速度の速い腫瘍は症状が出て、外来で発見されます。

その後、がん検診で増大速度の遅い腫瘍が増大速度の速い腫瘍よりも沢山発見されますので、がん検診で発見された腫瘍は、外来で発見された腫瘍よりも生存率が高くなり、がん検診が有効であるかのように見えるのです。

 

次に、リードタイム・バイアスについて記載します。

リードタイム・バイアスとは、検診で発見される腫瘍と外来で発見される腫瘍との間で生存率を比較する際に問題となる偏りのことをいいます。

 

腫瘍の発生から死亡までの時間が検診発見群と外来発見群の両群で等くても、検診で早期診断された時間の分(リードタイム)だけ、検診発見がん患者の生存時間は見かけ上長くなるので、見かけ上の生存率もあがることになります。

がんの生存率や生存期間は、診断されてから測定されます。
がん検診による早期発見、早期治療の効果がなくても、早い段階で発見された分、生存期間も生存率も伸びることになります。

早く診断されれば、死亡年齢が同じでも生存期間が伸びるのです。

がん検診を受けたら生存率が上がると、厚生労働省やその他のサイトに記載されていますが、これはリードタイム・バイアスを使っただましの手口です。

実際には、乳がん検診では、がんの死亡あるいは全死因死亡率は減っていません。
これは、肺がんや前立腺がんの検診でも同じです。

また、抗がん剤の治療成績でも、新しい抗がん剤で生存期間が伸びたといわれることがありますが、ここにもリードタイム・バイアスが関わってきます。

癌の発見が早くなれば、見つかってからの生存期間は伸びるので、治療法に関係なく生存期間は長くなります。

 

最後に、自己選択バイアス (self-selection bias)についてです。

がん検診の受診者は一般的により若かったり、疾患についての知識があったり、健康意識が高いために、未受診者より生存率が良くなる可能性があります。
つまり、選択の段階で受診者の意志が働いて、未受診者とは異なった集団を形成する可能性があります。
がん検診によるメリットがなくても、このような人たちは良好な臨床経過をたどる可能性が高くなります。

このように、いくつかのバイアスがあって、がん検診が有効であるかのように錯覚させられるのです。

 

がん検診では、治療の必要のない腫瘍ばかりが見つかり、増大速度の速い腫瘍は見つからないということと、早期発見・早期治療にはバイアスがあり、間違いであるということ、がん検診では寿命は延びないということです。

 

皆さんが無駄な検査を受けて、時間とお金を無駄にしないように、また不必要な医療を受けることがないように願います。

 

 

 

「あきらめる勇気」ではなくて「あきらめない勇気」を。

 

カラオケ BOX でヴィオラを練習していると、いろんな曲を耳にします。

  

最近、聴いて驚いたのが、

 「完璧な自分を諦める勇気を

  ダメな自分も愛せる生き方を 

  それなりの昨日が連れてくる明日は

  きっと これまでのどの私とも違う顔・・・」

(NHK ドラマ「これは経費で落ちません!」主題歌「阿部真央」)

  

「完璧な自分を諦める」のは勇気なのでしょうか。

「そのままでいい」とか「ありのままの自分」といった言葉をよく聴きます。

このような言葉を聞くと、ダメな自分のままで変わらなくてもいいかなと、妥協してしまう人が沢山でてきそうですが、本当にダメなままで満足できるでしょうか。

 

「それなりの昨日が連れてくる明日」は、やはり何の進歩もない「それなりの一日」にしかなりません。毎日、ちょっとずつでも成長していくことで、次第に新しいことができるようになり、さらに新しいことにチャレンジできるようになり、これまでとは違う明日がやってきます。

 

完璧・完全な自分を諦めるということは、実力を身につけ発展していくことを諦めるということですから、夢も希望もない人生になります。周りの人が自分よりちょっと優れたことをすると、妬んだり嫉妬したりするようになるかもしれません。

 

「完璧な自分を諦める勇気」という言葉を受け入れて自分を慰めても、ダメな自分のままでいるからつらいだけです。

 

自分の欠点に気づいたなら、その欠点をなくしていくべきです。自分の欠点、弱点を自覚している人は幸いです。自覚しているなら直すことができるからです。すぐには直らない欠点でも毎日直そうと努力していれば、次第に変わっていきます。

 

毎日、自分を成長させようと努力していれば、1年、2年もたった頃にはそれなりの実力がついているでしょうし、5年、10年努力すれば、かなりの実力がつくようになります。自分がダメだと落ち込む必要はありません。落ち込む暇があったら努力すればいいのです。

 

そうして何事も諦めずに努力し完全を目指すことで、充実した人生を生きられるようになると思います。

  

「人は完全にはなれない・・・」

 

本当にそうでしょうか。完全になった人、完全に限りなく近づいた人はいます。

聖書に出てくる、イエス様やパウロはそうです。

現代では、RAPT 氏が限りなく完全に近づいた方です。

RAPT 氏は、一人でこの世の悪人達の悪を暴き、真実を広く述べ伝え、政治家や官僚、社会の悪を根こそぎにしておられます。これは、RAPT 氏が何事も諦めることなく長年行ってこられたからこそできる神業です。そんな神業をしておられるのに、RAPT 氏は、「自分はまだ足りない」と考えて、毎日全力で次元を挙げておられます。

人はこのような生き方ができるのです。そして、RAPT 氏は「誰でもできる」仰っています。

 

自分の欠点・弱点が見えているなら、「ダメな自分を愛する」のではなくて、「自分はまだ足りない」と考えて、欠点・弱点を克服する努力をすべきです。

 

諦めるのは勇気ではなくて、堕落です。常に上を目指して努力することは大変ですが、それでもできる人はいるのです。そして、どうすればそのような生き方ができるのか、RAPT 氏が詳細に教えてくださっています。

皆さんが RAPT 氏のブログを読み、人生をよりよく発展させていかれることを願います。

  

BLOG BY RAPT

 

疎外感に陥らないために、常に自分を高める努力を。

 

マンモグラフィーによる乳がん検診は効果があるのか?上皇后美智子の乳がんは本当か?

今回は、上皇后美智子が乳がんで手術を受けられたということなので、これについて思うところを記載します。

 

まず、上皇后美智子は10年以上、東大病院あるいは静岡県立静岡がんセンターの乳腺外科の医師によって健康診断を受けていたようです。

 

「美智子さまは10年以上前から、乳腺の定期検診を受けてこられたそうです。年に1、2度、東大病院にてマンモグラフィー検査を受けられ、宮内庁病院で超音波検査を続けてこられたといいます」(宮内庁関係者)

https://www.news-postseven.com/archives/20190826_1436493.html

 

美智子さまは今年7月に実施した健康診断を機に、検査を重ね、ステージ1の比較的早期の乳がんと診断された。手術は東大病院の医師と、美智子さまの健康診断を10年以上担当してきた静岡県立静岡がんセンター乳腺外科の医師が協力して執刀した。
https://www.asahi.com/articles/ASM995QMHM99UTIL04L.html

 

そして、発見された腫瘍は、直径 1cm 程度です。

 

手術は8日午前10時から、全身麻酔のうえ乳房温存術で行われた。直径1センチ程度と想定したがん組織を中心に、直径5センチ程度を摘出した。摘出した組織を検査したところ、周辺部にがんは広がっておらず、乳がんが最初に転移することが多いわきの下付近のリンパ節への転移も確認されなかった。手術は麻酔を含めて約4時間で終わった。

 

早期発見、早期治療ができて良かった・・・と思うかもしれませんが、いくつか疑問があります。

 

小さな腫瘍は悪性度が低く、増殖が非常に遅いので、大きな腫瘍にはならないという考え方があります。

Are Small Breast Cancers Good because They Are Small or Small because They Are Good?

 

7月に発見されたのですから、経過観察は2ヶ月しかされていません。

上皇后美智子は84歳ですから、手術をしなくても寿命には影響しなかった可能性が高いのですが、どうしてたった2ヶ月の経過観察で手術をしたのでしょうか。

 

彼女は高齢で、しかも心臓弁膜症があるので、麻酔のリスクは高かったと思います。

  

上皇后さまが宮内庁病院で8日に心臓検査を受けられた結果を宮内庁は10日、発表しました。報道によると、血液の一部が逆流する中等度の三尖(さんせん)弁逆流症と軽度の僧帽弁逆流症などの所見が認められたといいます。現時点で手術の必要はなく、当面は日常生活に過度な負担が生じないよう配慮しながら定期検査を続けるといいます。
https://dot.asahi.com/dot/2019061000098.html?page=1

 

高齢者(80歳以上)の全身麻酔下外科手術症例の検討 には、高齢者では手術侵襲に対する生体反応が若年者より亢進しており、過剰な生体反応が重要臓器に障害を招く危険性をはらんでいる。高齢者の合併症は軽微なものを含めると 50% 以上になり、重要なものは 10% 程度で、術後肺炎と術後精神障害としてのせん妄が高頻度にみられると記載されています。

 

また、術後に原因が分からずに死亡する可能性もあります。

麻酔科医で近著に『フリーランス女医は見た 医者の稼ぎ方』がある筒井冨美氏が語る。

「手術が無事に終了して、麻酔科医が帰宅したら、その後患者の容態が急変して、死亡してしまうというような事例は、私の経験では1000件に1~2例はあります。つまり決して珍しいことではない。

出血や感染、肺塞栓など原因が明らかになることもありますが、まったく原因がわからないケースもある」

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/50861

本当に手術をしたのでしょうか?

本当に腫瘍があったのでしょうか?

腫瘍があったのであれば、10年以上、年に 1,2 度も専門医が健康診断をしてきたのですから、もっと早くに見つかっていたのではないですか?

腫瘍が小さいということは、増大速度は遅い可能性が高いので、1,2年前にはすでに結節があったかもしれません。

 

下の図から、40歳以上の乳腺腫瘍において、1cm 以下の結節は予後良好 (favorable) なものが多く、予後不良 (unfavorable) なものは少ないことが分かります。

 


https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMsr1613680 より

上皇后美智子の検診ですから、担当医も慎重になるはずです。本当に結節があったのであれば、もっと早く発見できたのではないかと思います。

 

ということをあれこれ考えると、上皇后美智子の乳がんは虚偽であり、有名人を使った乳がん検診促進キャンペーンではないかと考えられます。

 

10月は「ピンクリボン月間」ですから、9月に話題作りをしたかったのでしょう。

 

確かに有名人が「がん」になると検診に来る人が増えるといいます。

ここで知っておきたいのは、国は75歳以上の乳がん検診は推奨していないということです。

 

なぜ高齢者の乳がん検診は推奨されていないのか?


 それにしてもなぜ、75歳以上の乳がん検診は推奨されないのでしょうか。日本乳癌学会の診療ガイドラインに、次のようなQ&Aが記載されています(日本乳癌学会「乳癌診療ガイドライン」2018年版)。

◆◆◆

FQ1. 日本人の乳がんマンモグラフィ検診の至適上限年齢は何歳か?

ステートメント
・上限年齢は、75歳以上では死亡率低減のエビデンスがないことや、人口動態統計に基づく10年後死亡リスクを勘案して75歳程度とすることが妥当と考える。

◆◆◆

 第一の理由は、75歳以上を対象にした臨床試験(ランダム化比較試験)が存在しないことです。信頼できるデータがないので、75歳以上の方々が乳がん検診を受けたとしても、乳がんによる死亡を減らすことができるかどうかわからないのです。

 第二の理由は、75歳以上の年齢になると、乳がん検診を受けずに乳がんで死亡するリスクよりも、加齢のために亡くなるリスクのほうが上回ると考えられることです。つまり、75歳以上になると乳がん以外の病気や老衰で亡くなる可能性も高くなるので、乳がん検診を受ける意味がなくなってしまうのです。


https://bunshun.jp/articles/-/13467?page=2

 

このようなわけで、高齢者は誰も上皇后美智子と同じように乳がん検診を受ける必要はありません。

 

では、若い人は乳がん検診をうけるべきかというと、そうでもありません。

 

若年者の乳がんというと元SKE48・矢方美紀を思い出すのですが、彼女の病気も虚偽と考えられます。

 

北斗晶や小林麻央、最近は元SKE48・矢方美紀がいます。どんどん若年化しており、がん検診を受けさせる対象(かも)を広げています。

矢方美紀の闘病記を引用しますが、おかしなところがいくつかあります。

こちらから引用)

元SKE48・矢方美紀の乳がん闘病記 ステージ進行3a明かす

4月にステージ2bの乳がんを明かし、左乳房全摘出とリンパ節切除を公表。今は抗がん剤治療が始まり、一年後には左胸の再建手術も予定している。

最近では松井珠理奈が矢方さんと食事に行ったことを明かし、「昔と変わらない明るくて笑顔のみきてぃに、私のほうがパワーをもらいました」とコメントするなどSKE48時代の仲間との交流も続く。

AERA dot.では矢方さんを独占インタビュー。矢方さんが初めて乳がんを意識したのは小林麻央さんがきっかけだったという。前向きに乳がんと向き合う姿を見せる一方で、当初2bと言われていた乳がんのステージが病理検査の結果、3aに進行していたことを明かした。

【写真】寝る時は帽子がマスト。でも、「朝起きたら帽子取れてる」と矢方さん
* * *
――最初、胸に違和感を持たれたきっかけは?

テレビを見ていたら、乳がんのことを取り上げた番組でセルフチェックコーナーがあったんです。それまでは病院でマンモグラフィとかをしなきゃいけないと思っていたけれど、自分でできるならやってみようと思ってしてみました。そうしたら、左胸に硬いしこりがあって、「これはなんだろう?」って。

――自宅で一人のときに?

一人で部屋にいるときでした。生理前にも胸が張ったりするから、それなのかなと思っていました。お母さんにも「張ってるなと思うんだけど」って言ったら、まさか私が25歳で乳がんに当てはまるとも思っていないから、「大丈夫でしょ」って感じだったんです。でも、知り合いの40代くらいの女性に相談したら、「病院で調べたほうが良いか悪いか分かるし、行ってみたら」って言われて。詳しい検査を重ねたら乳がんだってことが分かりました。年が明けて2週間くらい経っていたかな。それから、「あぁ、自分は乳がんなんだな」って。

――結果が出るまで、自分で調べたりとかもしましたか?

最初はしていましたね。「しこり 乳がん」みたいな感じで探して、「しこりがある人は病院に行ったほうが良い」とは書いてあるけれど、自分にできていたものがどの程度のしこりなのか、乳がんの対象のしこりがどういうものなのか分からなかった。触っても痛くもないし、赤く腫れたりもしていない。知り合いの方が言ってくれなかったら、今も「なんだろう?」って思いながら過ごしていたと思います。

――しこり以外に違和感はなかったんですか?

私の場合はなくて、ぽこってビー玉くらいのしこりで、明らかに皮膚から丸く出ていました。

――しこりがあって、病院に行くのも怖くなかったですか。

普段から「ずっと健康でいよう」って心がけていたので、自分が病院に行くということもすごく嫌でした。不安だし、乳腺外科にも行ったことがなかったんです。最初に産婦人科に行って、乳腺外科で診てもらったほうが良いって紹介していただきました。そこからもまた検査で病院に行かなきゃいけなくて、そのたびに「どうしてこんなに行かなきゃいけないんだろう」って思いながら通っていましたね。

――去年の12月にしこりに気づいて、手術まで4カ月くらいですよね。

もっと早いのかな? って思っていたんです。病院に行ったら、明後日くらいに手術するのかなってくらいの気持ちでした。なので、「私は手術されるのかな? されないのかな?」っていう、待ちが長く感じました。最初、手術は3月予定だったけど、病院のスケジュールもあって4月になったんです。手術まで長かったな。こんなに待つんだって。

――診断を受けて、手術までの時期がちょうど冬から春でしたよね。新生活が始まる時期でもあります。矢方さんもSNSに桜の写真を載せていました。

毎年花見に行っているんですけど、「当たり前のようにお花見ができたりっていうことも突然当たり前じゃなくなる日も来るのかな」ってふと考えて書きました。

病気になったときは、「病気=死」っていうイメージがあったんですけど、今回治療したり先生とお話をする中で、「死」っていう言葉は言われてもいないし、自分でも感じていないので、生きていこうという強い思いがあるし、何もマイナスには捉えていないです。

――今の状態はステージ2bと公表されていましたよね。

2b……。これ、どうしましょう。あの、テレビでは2bなんですけど、病理検査の結果ではステージ3aだったんです。でも、乳がんのステージって関係あるとは思うんですけど、私は重く捉えていなくて。検査結果がちょっと悪かっただけで、治療をフルコースでやるっていう形なので。先生にも「あなたは死にます」って言われたわけじゃないし、ステージは上がったけれど頑張るしかないなって。

結果が悪かったのはちょっと「おぉ」ってなったんですけど、病気って気の持ちようなのかなって思っていて。知り合いにも「生存率10%以下」、「末期」って言われていたけど、突然がんが消えて今は元気な方も見てきました。そういう方ってすごく明るいし、病気に絶対負けないっていう思いを持っている方が多いなって思っています。私もまだまだこれから楽しみたいなって思っているので、そこにとらわれずに「負けない」って思いながらいこうかなって。

(引用終わり)

 

彼女の話はそもそも、進行がん患者にしては深刻さがなく違和感を感じますが、それはとりあえず置いておいて、明らかにおかしなところを挙げてみます。

ステージ2bだったのですから、しこりの大きさが2~5cmで脇の下のリンパ節転移があったということになります。これがステージ3aになったということですから、しこりの大きさが5cm以上になったと考えられます。それが本人の話では、「ビー玉くらいのしこり」というのです。5cm以上あるものが、ビー玉では小さすぎるでしょう。それに、皮膚から出ていたのなら、ステージ3bになってしまいます。彼女は明らかに嘘をついています。

友達に「生存率10%」と言われたといって、自分でもそれを受け入れているように話していますが、3aであれば5年生存率は64.1%です。明らかに病識がありません。自分の病気のことを全く理解していません。これはあり得ません。

こちらから引用

このように有名人の「がん」は、がん利権団体によるでっちあげの可能性が高いのです。

がん患者が増えれば、天皇家が名誉総裁を務める日本赤十字も儲かりますしね。

天皇家という闇。日本赤十字社という闇。田布施システムという闇。悪魔崇拝者という闇。

 

それでも乳がん検診を受けたいと思われる方もいるかもしれませんが、実はマンモグラフィーによる検診は、効果がほとんどなく有害であるという報告があります。

 

Screening for breast cancer with mammography.

 

マンモグラフィーによる検診で、乳がんによる死亡を一人減らすために、10人の健康女性が不必要に治療され、200人を超える女性が偽陽性によって精神的ストレスを受けるということです(注;がんで死亡したというが、抗がん剤の副作用で死亡したのかもしれません)。

マンモグラフィーのスクリーニングで進行がんの発生数は減少せず(たちの悪い腫瘍は発見できない)、過剰診断が増えます。

 

マンモグラフィーによる乳がん検診は意味がないのです。

なお、エコー(超音波)での検診も有用性は確認されていません。

そのようなわけで、ピンクリボン運動などに惑わされて乳がん検診など受けないことをお勧めします。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

癌について調べている方は、是非こちらの動画、ブログもご覧ください。

 

 

安倍再改造内閣は史上最悪の極右内閣。

9月11日に安倍内閣が改造され、新たに閣僚が選ばれましたが、史上最悪の極右内閣と言われています。

史上最悪の極右内閣が誕生! 教育勅語を掛け軸にする文科相、バノン大好き法務相、日本会議のガチメンバーも入閣

 

今回は、カルト「生長の家」の活動家である「衛藤晟一」まで入閣していますが、記事によると「衛藤晟一」は日本会議の象徴とまで言われる人物です。

衛藤氏の入閣は、安倍首相が日本会議に代表される戦前回帰的極右団体との協力関係にまた一段ギアを上げたことを意味している。「日本会議の生みの親」とも呼ばれる村上正邦・元参議院幹事長は、2016年の雑誌のインタビューでこう発言していた。

「もし安倍さんが日本会議の言い分を尊重しようとしているなら、衛藤晟一(首相補佐官)を大臣にしているはずですよ。だけど、入閣させてないということは、そういうことですよ。日本会議の象徴は、稲田(朋美・防衛相)じゃない。稲田だとみんな言うが、衛藤ですよ」(「週刊ポスト」2016年9月2日号/小学館)

 その“日本会議の象徴”である衛藤氏を、とうとう安倍首相は大臣に任命した。第二次安倍政権以降、不動の首相補佐官を任せていたが、これからはアドバイザーとしてだけでなく、領土や領海を担当する大臣として、表立って安倍政権の極右政策やタカ派外交を現実化させてほしい──そういう安倍首相の考えがダダ漏れになっていると言わざるを得ない。

 

この記事を読むと、安倍晋三は、極右思想の実現、権力維持に必死なのが分かります。

安倍晋三(李家)はしつこく憲法改正を訴えていますが、その目的は「李家」がかつて持っていた権力を取り戻すことです。(詳細は以下の動画をご覧ください。)

 

さらに今回入閣した「小泉進次郎」ですが、「小泉純一郎」が「李家」であると言われていますので、彼も「李家」の血筋ということになります。

 

 

「小泉進次郎」は国民の人気が高いと言われていますが、本当でしょうか(こちらから引用)。

 

小泉氏は国民的な人気が高く,菅 義偉官房長官との関係も深い。来〔2020〕年早々にも第1子誕生後に育児休暇の取得を検討すると表明し,一時は入閣の見送りも取り沙汰された。(引用終わり)

 なお,小泉進次郎は夫婦別姓を口にしてもおり,自民党の極右・反動的な石頭議員たちの脳細胞を収納しているしゃれこうべには,それこそ「カチンと響く(来る)」ような発想を提示していた。
 しかし,ともかく,小泉進次郎の政治家としての真価を測定したいのであれば,現在はれいわ新選組代表となった山本太郎が,参議院議員を1期:6年間務めていたあいだに記録した「政治家としての活動」を,小泉進次郎のほうが約6年半の期間において記録した「それ」に対して比較するための材料に使い,吟味してみるのも有意義である。 【参考画像資料】

小泉進次郎と山本太郎国会活動比較


出所)http://2chnewsblog.blog.jp/archives/1075389646.html

「世襲政治家」ばかりがうごめく(暗躍する)かのような国会議事堂内の暗渠,いいかえれば,その「皿屋敷的な実相」には,まったく感心できない。

 

「小泉進次郎」がマスコミで褒めそやされ、たいした実績もないのに入閣できたのは、「李家」という血筋だからです。

なお、「山本太郎」と比較した記事を引用していますが、私は「山本太郎」を推しているわけではありません(こちら)。彼は「朝堂院大覚」に似ており、嵯峨天皇に繋がる一族かもしれませんから。

 

「山本太郎」が何者か不明ですが、「朝堂院大覚」にどこと無く似ています。

「朝堂院大覚」は58人も子供がいるようですから(こちら)、これまた隠し子かもしれませんね。

日本は在日ヤクザに牛耳られている。(麻生太郎と朝堂院大覚と嵯峨天皇)


話を「小泉進次郎」に戻しますが、彼が9月11日(9.11)に入閣したのは、一体何の縁でしょうか(悪魔崇拝者は数字にこだわります)。

 

「9.11」では、「小泉進次郎」の父「小泉純一郎」は真っ先にブッシュを支持しました。

 

その「9.11」ですが、ブッシュとビン・ラディンが実は仲良しだということが明らかになっています(こちら)。

 

トランプ氏はビン・ラーディンの家族は事前にテロ事件が起きることを知っていたうえ、ブッシュ大統領が9/11に家族を国外護送したことから、ブッシュとビン・ラーディンとの関係を明らかにした。

 アメリカ国民にとって最も悲劇的なテロ事件が起きた11日から数日間の間に約140人のサウジアラビア国籍の王室メンバーやビン・ラーディンの家族がブッシュ大統領により国外に護送。9/11事件の詳細がまだ分からない時点、さらにその後19人のテロリストのうち15人がサウジアラビア国籍でテロ事件に関与していたことが明らかになっても、聞き取り調査が一切ないままサウジアラビア国籍の市民はアメリカ国外に出ることができたのである。

 

 

ということは、小泉進次郎 → 小泉純一郎(李家) → ブッシュ → ビン・ラディン → 9.11 と繋がっている訳ですね。

 

こんな人物でも大臣になれるのは、「李家」だからです。

 

ちなみに「小泉進次郎」の学歴はコロンビア大学(東大以上の偏差値)ですが、総理大臣の子弟推薦枠での入学のようです(こちら)。

まじめに受験勉強している人を馬鹿にしています。

京大や東大にも裏口があるようですが、イルミナティの連中はそうやって不正を行って富と権力を得ていくのでしょう。

 

 

  

彼らは、自らの権力を維持するために必死な連中ですから、彼らの目は国民に向いていません。それは、現在の千葉県の台風被害を放置していることからも明らかです。

 

今回の台風では、非常災害対策本部も関係閣僚会議も開いた形跡がありません(こちら)。

 

ネット紙の『リテラ』は2019年9月11日の記事で,「台風15号の甚大被害,復旧遅れ深刻化も,安倍政権は内閣改造に夢中でほったらかし! 関係閣僚会議も総理指示もなし,関係閣僚会議も総理指示もなし」という記事を書いていた(https://lite-ra.com/2019/09/post-4964.html)。

 「信じられないのは,安倍政権が台風災害の対策,被害をほったらかしにしていることだ」。

 「菅官房長官は9日午前の会見で『政府一丸となって被害状況の把握に努めるとともに,災害応急対策等に全力で取り組んでいるところ』などと語ったが,口先だけだ」。

 「なにしろ,今回の台風について非常災害対策本部はおろか,関係閣僚会議すら開いた形跡がないのだ」。

 「去〔2018〕年の西日本直撃台風でも安倍首相は新潟で総裁選の票固め」〔に専念していた。

 註記)以上,https://lite-ra.com/2019/09/post-4964.html

『朝日新聞』2019年9月12日夕刊1面千葉県停電

 

 まったく信じられないが,これはもちろん,安倍首相じたいが韓国への圧力と内閣改造の人事に夢中だからだ。実際,安倍首相はこれまでも,自分の関心があるイベントが別にあるときは,それがどんなにくだらないものでも,災害対策を無視してそっちを優先してきた。
イ) たとえば,2014年2月に起こった山梨県の豪雪では,その最中に支援者らと赤坂で天ぷら料理に舌鼓を打っていたし,同年の広島土砂災害では「災害応急対策に全力で取り組む」と宣言したあと,富士桜カントリー倶楽部で日枝 久・フジテレビ会長(当時)や笹川陽平・日本財団会長らとゴルフを楽しみつづけた。

ロ) さらに2015年の関東・東北豪雨では,孤立して救助を待つ人びとや不明者も多数いたというのに,インターネットテレビ「言論テレビ」に生出演して櫻井よしこや田久保忠衛・日本会議会長とともに安保法制の必要性をアピール。

ハ) 2017年も,G20首脳会談出席のための外遊中に九州北部豪雨が発生したが,この閉会後も外遊を続行。緊急性もない外遊から帰国しなかったのは,加計問題追及の閉会中審査に出席したくないからなのは,みえみえだった。

ニ) そして,2018年7月西日本豪雨災害のときの「赤坂自民亭」。このとき5日午後には気象庁が「厳重な警戒が必要」と異例の緊急会見を開き,同日数十万人に避難勧告が出されていたにもかかわらず,5日夜,総裁選の票集めのために,「赤坂自民亭」なる内輪の宴会に参加。

ホ) 6日夜にも公邸で,総裁選のために無派閥議員取りこみのための会合をおこなっている。甚大な被害がすでに広がっていた6日土曜日午後~7日日曜日の時点でさえ非常災害対策本部の設置をスルーして,7日朝に15分だけの関係閣僚会議をやっただけでさっさと私邸に帰るなど,66時間も災害を放置していた。

ヘ) さらに赤坂自民亭への批判もさめやらぬ2018年9月,関空など西日本を直撃した台風。台風直撃の翌日,平成最大規模の約50万軒で停電が続き,関空にも多くの人が取り残されているなか,安倍首相はなんと総裁選の票固めのため,新潟県に。ホテルの宴会場で開催された「安倍総裁の3選を実現する新潟県民の集い」に出席したのだ。

 もうなんども指摘したことだが,要するに安倍首相が大事にしているのは,自分の権力維持と極右思想実現,そしてお友だちとの付きあいだけであって,国民の生命のことなんて微塵も考えていないのである。
 だから,ほかになにもないときは, “俺はやってるぜ” アピールとして災害対策を大仰に指示するが,自分の関心事が別にあるときは,途端に災害をないがしろにしてしまうのだ。
 今回の内閣改造で小泉進次郎が入閣することで,またぞろ,安倍内閣の支持率が上がるだろうが,こんな首相のもとでは自分の生命がどんどん危険にさらされるということに,いい加減気づくべきではないか。
 註記)以上,https://lite-ra.com/2019/09/post-4964_2.html

 

また、台風は人為的に起こせるのですが、今回の台風もそうではないかと言われています。

 

千葉では、11月18日から幕張メッセで開催予定の武器見本市 「DSEI JAPAN」 に対する抗議活動があったようですから、その活動を破壊するための台風だったのかもしれません。

 

2019年11月、千葉の幕張メッセで、日英イスラエル肝いりの、【国際武器展示販売会が日本で初開催】とは。【千葉で、ミサイルや銃含む殺人兵器を世界売買】、千葉県民は抗議しているが、むなしく。

  

国民を守るどころか、災害を起こして国民の生活を破壊し、自らはコネと人脈で権力を維持しようとする「安倍晋三」ら「李家」。こんな連中がいつまでものさばっていると、国民の生活はますます疲弊していきます。

 

安倍晋三が早く逮捕されることを願います。

悪魔崇拝者たちのこだわる数字についてはこちらをご覧ください。

RAPT有料記事14(2015年10月5日)「6」と「7」と「11」と「18」の意味。

 

台風・気象操作についてはこちらをご覧ください。

HAARPという大嘘。気象操作は高度な科学技術ではなく、極めて原始的な方法で行なわれている。

ケムトレイルも天皇家一族のボロ儲けの種。この世の陰謀論は、天皇家一族の悪事を隠すための情報撹乱である。

しまなみ海道でバッハを弾いてみた(人生の再出発)。

J.S Bach Suite No1. Prelude, for viola. 

 

今年(2019年) 7月に独身生活に戻り、新たな人生を模索して、ビオラを手に取り、ふと思い立ってしまなみ海道で演奏してみました。

 

人間関係は、お互いの考えが変わり、価値観が変わると、最終的には一緒にいてもつらくなり、破綻してしまいます。

 

どれだけ仲が良くても、壊れるときはあっという間です。

 

どうしてそうなるのかと考えると、結局のところ、お互いに本当の愛というものを知らず、本当の愛を与えることができていなかったということです。

 

では、本当の愛ってどこにあるのか。

これは RAPT 氏が有料記事で伝えてくださっているのですが、聖書の神様の愛が本当の愛です。

 

私が聖書を手に取ったのは、ユダヤ人とは何か、ユダヤ教とは何かということを知るためでした。

 

東日本大震災「311」が人工地震であるとか、ユダヤ陰謀論などを調べているうちに、RAPT 氏のブログにたどり着いたのです。そこで世界で起こる出来事を知るには宗教的知識が必要だと考えたのです。

聖書を読み進めていって驚いたのは、この世の価値観と神様の価値観が全く違うところ。

 

自分がどれだけ罪だらけなのか。

自分が生きている意味。存在理由。

神様がどれだけ人類を愛してくださっているか。

 

すぐに聖書の虜になったのですが、難解で理解できないところも多々ありました。

そのうちに、RAPT 氏の有料記事が始まり、聖書の比喩が解き明かされていき、どう生きれば幸せになれるのか、何のために生きているのか、どうしてこの世はこんなに不公平なのか、どんどん明らかになっていきました。

 

世界の政治家、支配者達が、本当に悪魔を拝むカルト集団で、彼らが私腹を肥やすために私達から搾取し、また、世界中に嘘を広め、悪魔の価値観を人類にすり込んで来たのだということが分かりました。

  

真実を知ることで、頭の中がすっきりして、楽に生きられるようになります。

 

以前は、聖書の知識がなく、神様の価値観を知らなかったので、悪魔を信じる政治家達の広めた価値観が本当だと思い込んで、ああでもない、こうでもないと迷って生きてきました。

 

宗教は危険だと考えて宗教に偏見を持っている人がたくさんいます。私もそうでした。しかし、宗教の知識がないために、カルトの教えにだまされて、人生を台無しにしてしまうのです。

 

私は、間違った考えを頭に詰め込んで長年生きてきましたし、人格もできていないので、なかなか神様の道をまっすぐに進めないということはあります。

それでも進むべき道が明確に示されているというのは本当にありがたいです。

 

人生どう生きればいいか、あれこれ迷う必要はないですから、前に進んで、道を間違ったら修正して、まっすぐに進んでいけばいいのです。

 

誰でも悩みを抱えており、変わりたいと考えていると思いますが、それでも変わるのが怖いという人がいます。そのままでいいと思う人もいます。

 

しかし、時代は変わっていき、周りの人も変わっていきます。

そして、私は変わりたいと思い、前に進んでいきます。

これを読んで頂いた方は、ぜひ RAPT 氏の一般記事、有料記事を読んで頂き、政治家達、世界の支配者達がいかにカルトに染まっているかを知って頂き、真実を知って、本当に甲斐のある人生を生きてほしいと思います。

  

RAPT BLOG

 

RAPT BLOG 一般記事 index

 

RAPT BLOG 有料記事 index

 

 

RAPT×読者対談〈第123弾〉個性豊かな才能あふれる人々を生み出す社会へ。

 

RAPT×読者対談〈第104弾〉誰でも世界を変えられる。

演奏に使用した楽譜
BACH, J.S.
SIX CELLO SUITES FOR VIOLA SOLO (MILTON KATIMS)
INTERNATIONAL MUSIC COMPANY

川崎殺傷事件の黒幕は「天皇家」=「李家」の可能性大。

今回も RAPT 理論を基に、この世の裏を見ていきたいと思います。

前回記事の続きです。

川崎殺傷事件にて殺害された「小山智史」氏(以下、敬称略)ですが、ミャンマー外交に特化した外交官だったようです。

ミャンマーを調べるとたくさんのきな臭い情報が出てきます。

去年、ミャンマーで旧日本軍のものと思われる金塊が発見されました。

ーーこちらから引用ーー

先月の5月25日、タイにて大量の金塊が地中から発見、旧日本軍が埋めたものではないかとして話題になっている。

発見された場所はミャンマーとの国境付近にあたるタク省メーソート地区。政府によるゴム園の開墾中に作業員たちが洞窟を発見。その土中から大量の金塊が出てきたという。

金塊は数トン規模のもので刻印はない。発見者である農場主らは金塊の所有権を主張し、国に対して裁判も起こす予定だという。

しかし、この金塊騒動に対して、現地メディアが「そのような事実はない」と報じているなど、現地でも情報が錯綜している。

もし金塊が旧日本軍のものであったとするならば泰緬鉄道やラングーン部隊が保有していたものである可能性があるが、終戦間際の激戦地であり敗戦も濃厚であったため、大量の金塊を持っていた部隊が隠れていられたのかという疑問も残る。

ーー引用ここまでーー

この金塊に関わる交渉に「小山智史」が関わっていたようです。

どうやら日本財団が交渉に当たっていたようで、 昨年貨物船で運ばれようです。そして、先日銚子沖で貨物船の沈没がありましたが、金塊の行き先を知ってる乗組員が船ごと沈没させられたという情報があります(こちら)。

この沈没船の中には生存者がいたようですが、救助活動が一旦打ち切られています。

ーーこちらから引用ーー

千葉県銚子市犬吠埼沖で貨物船同士が衝突し、愛媛県今治市の勝丸海運の貨物船千勝丸(499トン)が沈没した事故で、第3管区海上保安本部(横浜)は27日、捜索中の潜水士が、約30メートルの海底に沈んだ船体からたたくような音を確認したと発表した。海保は、船内に不明者が取り残され、音を発した可能性も含めて慎重に調査する。

 事故は26日未明に発生し、千勝丸の乗組員1人が死亡、3人が行方不明になっている。海保によると、27日午前11時半ごろから特殊救難隊を含むダイバーが断続的に計7回潜水し、船内の居住区を中心に捜索。午後0時半ごろから1時ごろにかけ、潜水士が船体をハンマーで3、4回たたくと、2~3秒後に船体を3、4回たたき返すような音がわずかに聞こえたという。27日の潜水による捜索は終了し、28日に再開する。

ーー引用ここまでーー

あえて助けないということは、本当に金塊のことを知っている乗務員を口封じのために殺害したのではないかと疑ってしまいますね。

ということは、「小山智史」も口封じのために殺害された可能性があります。ただ、こっそり殺害するのではなくて、大きな事件として取り上げられるような方法で殺害されました。口封じのためか、秘密を漏らしたが為に、殺害されたのかはわかりません。

ただ、「小山智史」は首を切られて殺害されています。フリーメイソンでは「秘密を漏らしたものは首を切られる」ようですから(こちら)、何か秘密を漏らしてしまったのかもしれません。このようの「小山智史」が金塊の交渉に関わっていたという情報がありますから。

ミャンマーに深く関わっているのが日本財団の「笹川陽平」です。

「笹川陽平」は「笹川良一」の三男ですから、下の家系図の通り「李家」の人間になります。さらに付け加えると、「李家」は客家であり、古代イスラエル民族です。つまり、ユダヤ人です(こちら)。

日本財団はミャンマーで「ご遺骨帰国運動」なるものを行っています。

これに対する寄付金が総額45,642,579円だそうですから、ぼろ儲けですね(こちら)。

日本財団の総資産額は3000億円近くあり、日本最大規模の財団です。
 
2010年決算時点で資産総額2661億円。
 
年間助成額は226億円であり、当時日本全体の助成金およそ600億の内1/3以上を占めている日本最大の財団とされていたそうです(こちら)。

年間助成額が226億円です。2.26事件の語呂合わせでしょうか。ふざけていますね。

毎年、226億円もの税金ただで転がり込んでくるのに、寄付金まで集めるなんてどこまでがめついのでしょうか。

さて、この「ご遺骨帰国運動」ですが、日本財団がただの骨集めをするなんて考えられません。裏に何かあるに決まっています。

で、先ほどの旧日本軍の金塊です。もしや、日本財団は遺骨を探しているのではなくて、金塊を探しているのではないでしょうか。

で、発見された金塊を日本に運ぶために、「笹川陽平」がミャンマー国軍最高司令官と相談しているわけですね(こちら)。

ただ、その情報が漏れては困るから、金塊を運んだ船員も「小山智史」も殺害したわけです。

なお、旧日本軍の金塊は、笹川良一らがアジア各国の王族から”預かった”ものだそうで、フィリピンにも隠されているようです。

ーーこちらから引用ーー

<人類資金”黄金の百合(天皇の金塊)”>

前回の投稿で、莫大な資金で今や世界を動かす日本の”ロイヤルファミリー”について、一言その存在をほのめかしました。今回は、問い合わせが多かった、その力の源泉ともいうべき皇室資産”黄金の百合”について真相を明らかにします。

①先の大戦中、日本軍が(正確には特務機関だった笹川良一らが)亜細亜各国の王族から”預かった”金塊を「黄金の百合」といいます。”百合”は皇室の金庫番であった秩父宮のニックネームで、フィリピン177カ所等に埋めていました。

②が、敗戦とともにブレトンウッズ条約でIMFに”管理権”が委ねられました。現在価値で約7000兆円あるそうです(昭和天皇が退位することなく、そのまま皇位に留まれたのもこの辺に秘密があるようです)。https://www.youtube.com/watch?v=GjlSYPMYcR8

③が、戦後、ロゲリオ・ローハースというフィリピンの錠前師が、日本軍司令部が置かれていたバギオの山のリゾート地の病院の裏にあるトンネルの中に隠されていた、重さ1トンの黄金の仏像と数千の金塊を見つけました。

④話を聞いた当時のマルコス大統領は、この財宝を押収するためにローハースを逮捕、拷問し召し上げました。また、マラカニアン宮殿で発見された記録によると、1968年にマルコス大統領は、日本と協同で発掘作業をするために、軍のチームを日本に派遣したとしています。

⑤そのチームのメンバーによると、彼らは裕仁天皇の従兄弟に会ったという。彼は「日本はフィリピンに一千億ドル以上の価値がある財宝を隠した。そして、それを全部掘り出すためには1世紀以上かかるだろう」と述べたといいます。

⑥焦った国際金融筋は「マルコス革命」を画策して彼を追い出し、死後、裁判でイメルダ婦人から保有分を回収しました。また、戦後、ルバング島で発見された中野学校出身の特務少尉だった小野田氏も「隠し場所を厳守せよ」との命で島に残り、監視していました。

⑦小野田氏は帰国した後も、「余計なこと喋らないように」ということで、笹川良一によりブラジルに農場を買ってもらい、「自然塾」をやっていましたが、笹川の死後、日本に帰国しました。https://www.youtube.com/watch?v=7s15tkSXFxw 

⑧一方、すべての隠し場所の地図を持った皇族・竹田宮中将は、終戦直前に帰国。最高司令官だった山下大将は戦犯で死刑になったことになっていますが、やはり「余計なこと喋られたら困る」ということで、フィリピンで70歳過ぎまで生きていたということです。

⑨ちなみに、私の友人もGPSで隠し場所の一つを探し当てましたが、14メートル掘ったところで日本軍が仕掛けた厚さ1メートルの地雷が敷設された人口岩盤に阻まれ、掘削を断念しました。黄金の百合の一部は終戦前に日本に持ち帰えられ、高度経済成長の資金などに使われました。

⑩特に、北海道美幌の自衛隊基地(旧海軍航空隊基地)の地下壕には、フィリピンから運んできた”黄金の百合”の一部ほか、シベリア出兵時にロマノフ王朝から預かったダイヤモンドや黄金など数百兆円が埋蔵保管されていたということです。

⑪また、舞鶴沖で終戦直前に意図的に沈められた「第二氷川丸」にも”黄金の百合”の一部が積載されていたし、東京・月島沖からも50兆円分の金塊が引き上げられ、GHQが一時保管していたが、戦後田中角栄が交渉し返還させ、これを使って「列島改造」が行われました。

⑫ただ、これらはほんの一部に過ぎず、元々日本には、護良親王が”裏天皇”になってから「散所経済」という流通システムを構築し、更には広く海外との交易で蓄積した資産や、徳川幕府滅亡後、勘定奉行だった小栗上野介から召し上げた財宝(武田埋蔵金、徳川埋蔵金)等があります。

⑬加えて、日本列島が火山列島である関係で日本の国立公園はほとんど金山です。その結果、日本には約3垓5千京円の資産があります(正確には皇室資産)。表に流通している黄金だけでも、その70%は日本に集中していると言われています(日銀の地下金庫にある”黄金の壷”など)。

⑭が、金塊など、ユダヤ三種の神器が入っている「契約の箱アーク」で、いくらでも作れるそうで、その証拠に終戦直後、マッカーサーが一番先に調べさせたのは、「アーク」の隠し場所ではないかとされた「仁徳天皇陵」でした。(仁徳天皇陵の秘密)https://www.youtube.com/watch?v=MblkbRVmSNY 

⑮このように、日本には莫大な資産があり、今、京都皇統・裏天皇が国際金融システムの再生やトヨタでの燃料電池車開発など、新しい世界構築のために使っています(NESARA豊穣化資金)。(鹿児島県にある菱刈金鉱山 https://www.youtube.com/watch?v=U0DlBAiykg4) 

⑯なお、トヨタ、ホンダ(申し出により自主返納)には、新エネルギー開発関連投資などのために約50兆円の無償資金供与が実施され、今後10年程度をかけ、燃料電池車以外にも順次、”限りなくフリーエネルギーに近い製品”の開発が実行されます。

ーー引用ここまでーー

全部掘り出すのに1世紀以上かかるほど大量の金塊があるんですね。

さらに、日本には約3垓5千京円の資産があるようです(正確には皇室資産)。それなのに庶民から税金を搾り取る。天皇家(李家)はどこまでも悪ですね。

さらにトヨタには無償で 50 兆円もの資金が与えられるそうです。天皇家(李家)の身内だけが肥え太っていくわけです。

で、このフィリピンの金塊は「笹川良一」がリゾート開発を装って回収したようです。

ーーこちらから引用ーー

「彼(ベン)は戦時中、竹田皇子とともに財宝金庫の隠匿にルバング島で数週間過ごした。その時、ベンは小野田に会っていた。その施設を守るよう小野田に命じたのは竹田皇子であることをベンは知っていた。だから、命令は竹田皇子だけが解除できるのだ。数週間後、散人の日本の役人が小野田に投降を説得するためフィリピンに到着した。注目は谷口義美少佐に集まった。テレビでは小野田の司令官だと紹介された(中略)。数日後、小野田は日本に帰還した。だが、彼は近代的な日本にぱ馴染めないと主張し、ブラジルのマターグロッツソにある大きな日本人所有の農園に送られた。ルバングの財宝が回収されるまで、誰も彼を訪ねて来られないように多くの護衛が付けられた。ルバング島での回収(筆者注:隠匿軍資金)は裕福な日本人旅行者のためのリゾート開発を装い、笹川が成し遂げた。それはマルコスの要望でやったことだと笹川は言った(後略)」

ーー引用ここまでーー

一体この金塊はどこに行ったのでしょうか。

.

.

話をミャンマーに戻します。

ミャンマーでは麻薬の製造が盛んです。

黄金の三角地帯というところがあり、麻薬、覚せい剤の製造を行っています。

で、日本財団は黄金の三角地帯で薬草を栽培しているそうです。

ーーこちらから引用ーー

二月、民主化が進むミャンマーの東西二カ所、カレン州の州都バアンとラカイン州の古都ミャウーを訪問した。バアンでは薬草栽培農場視察、ミャウーでは地元州政府への小学校校舎引き渡し式への出席が目的だった。

 日本財団では富山の置き薬制度を活用した伝統医薬品の普及事業をアジア各国で進めており、ミャンマーでは原料となる薬草栽培を普及させることで、国境地帯に住む少数民族の生活安定を目指している。
 カレン州の北方、シャン州にはタイ、ラオス両国と国境を接し、世界の三大麻薬製造地帯として知られた“黄金の三角地帯”(ゴールデントライアングル)があり、アヘンの原料となるケシの栽培根絶が長い間、国際的な課題となってきた。

 日本財団も国連薬物乱用統制基金(UNFDAC)の要請を受け、一九七八年から三年間に計一億三千万円余を拠出、代替作物の導入やオーク材を平地に運ぶインフラの整備等に使われたと記憶する。

ーー引用ここまでーー

実際には、薬草ではなくて大麻や芥子を栽培していそうですね。

なんといっても、「安倍晋三」も「麻生太郎」も天皇家も麻薬密売でぼろ儲けした一族ですから。

そして、なぜか「安倍昭恵」まで熱心にミャンマーに通う始末です(こちら)。

で、その「安倍昭恵」は大麻推進派でした。

日本政府、日本財団はミャンマーの麻薬密売に深く関わっているのではないでしょうか。

麻薬密売人の子孫である「麻生太郎」と「笹川陽平」はミャンマー開発に力を入れています。

ーーこちらから引用ーー

先日も書きました通り、「麻生太郎」はやたらと「ミャンマー」のインフラ整備に力を入れているわけですが、実は「日本財団」の現会長の「笹川陽平」も、昔から「ミャンマー」とはとても深い関係があるのです。

〈笹川陽平〉

----------(以下、こちらから転載)

笹川 陽平(ささかわ ようへい、1939年1月8日 – )は笹川良一(日本船舶振興会初代会長)の三男で、公益財団法人日本財団(旧日本船舶振興会)会長、東京財団顧問、世界保健機関 (WHO) ハンセン病制圧大使、ハンセン病人権啓発大使(日本国)、2012年6月11日にはミャンマー少数民族福祉向上大使(日本国)に就任。

2013年2月にミャンマー国民和解担当日本政府代表(日本国)に就任。

日本人で初めて『法の支配賞』を受賞。明治大学政治経済学部卒業。

次兄に自由民主党元衆議院議員・笹川堯がいる。

(中略)

2012年6月11日、日本国・外務省は、かねてよりミャンマー国内で様々な活動をしてきた笹川をミャンマー少数民族福祉向上大使に委嘱。

軍政時代からミャンマーで、ハンセン病対策、伝統医療品の普及、小学校建設などを支援してきた実績が評価された。

特に辺境地であるシャン州に小学校建設を計画した時は、少数民族が対立する同地域で学校建設が成功するわけがないと、専門家は失笑したが、200校完成した。

今後は、宗教対立が激しいラカイン州に200校の建設も計画している。

同国の民主化は世界が注目するなかで、日本の外務省としては笹川の幅広い人脈を活用したいとの思惑がある。

軍政時代、トップのタン・シュエ大統領(当時)とはヤンゴンで何度も会談。

2011年12月には、国民民主連盟(NLD)事務所で、旧知の間柄であり同月に亡くなった故ヴァーツラフ・ハヴェル元チェコ大統領の親書をアウンサン・スーチーに直接手渡した。

またテイン・セイン大統領とは2012年4月来日の際、同大統領からの要望により東京で会食するなど、政府や外務省に頼らず、民間独自で行ってきた各事業を通じて、要人との信頼関係を構築してきた。

現在日本国内で、同大統領やスーチーと簡単に会えるのは笹川だけとも言われる。

中国、シンガポール、韓国などに比べ大きく出遅れた感が否めない日本の経済界は「アジア最後の経済未開拓市場」との呼び声も高いミャンマーにおける笹川人脈を期待している。

2013年2月19日の閣議において、ミャンマー国民和解担当日本政府代表に任命することが決まり、2月25日、外務省で内閣辞令書交付が行われる。

------------(転載ここまで)

要するに、「麻生太郎」は「笹川陽平」の力を借りて、「ミャンマー」でボロ儲けしようとしているわけですね。(「麻生太郎」と「ミャンマー」のつながりについては、以下のリンクをご参照下さい。)

「麻生太郎」こそイルミナティの計画する主要な悪事の中心的な実行犯である。

ーー引用ここまでーー

ミャンマーの開発では、中国と日本が争っているようですが、香港に麻薬を売れるヤンゴンの港は「ハチソン・ワンポア」(代表者・李嘉誠)が押さえています。

中国の李家と日本の李家が、ヤンゴンの支配権を巡り、麻薬の密売ルートを巡り争っているようです。

このあたりの争いも、川崎殺傷事件と関わっているかもしれません。

今回の川崎殺傷事件の犯人「岩崎隆一」の住所は、神奈川県川崎市麻生区多摩美1丁目20(こちら)。

そして、そのすぐ近くにオウム真理教のアジト「神奈川県川崎市麻生区多摩美1丁目16-10」があります。

ーーこちらから引用ーー

地下鉄・松本サリン事件で「21名」を「殺害し」約6960名に重軽症を負わせたオウム真理教の資金源は、 

法律(確か当時の有線電気通信法)に違反したテレフォンクラブの経営にあり、その電話番は≪警官≫もやっている

私は、この事件に関する証拠を持って「週刊文春」に、この事実を記事にしてくれと、持ち込んだところ

この事件は記事にならず、その後、私の住んでいたアパート(神奈川県川崎市麻生区多摩美1-16-10)に銃弾が撃ち込まれ、そのアパートの一室がオウム真理教のアジトになった。

この時、私は神奈川県警に再三再四、誰が銃弾を撃ち込んだのか問い合わせたのだが、県警は回答しなかった。 なぜ?

ーー引用ここまでーー

犯人はただの引きこもり、ニートではありません。犯行時間十数秒の間に 19人も殺傷できるのは特殊部隊レベルの訓練を受けている人でなければ無理です。

背後には、天皇家、カルト「生長の家」関係者がいます(天皇家とオウム真理教と生長の家のつながりは下の図の通り)。

金のためなら、平気で殺人を犯すのが「天皇家一族」=「李家」です。

天文学的な資産を持っていながら、なお庶民から税金を搾り取る天皇家。

影武者だらけでだれが本物かわからない天皇家。

天皇家一族は、本当に悪なる存在です。この世の害毒です。

真実が広がり、彼らがこれ以上、悪事を働くことができなくなるように祈ります。

○こちらの記事、動画もどうぞ。

北朝鮮の拉致問題は、天皇家と「李家」の茶番劇。

「安倍晋三」の先祖、「李氏朝鮮」の王家「李氏」はイルミナティ13血流の一つ。(イルミナティのロスチャイルド家は「麻生太郎」の親戚)

麻生太郎」と山口組と統一教会と北朝鮮とイスラム国。全ては裏で一つにつながっている。

川崎殺傷事件の標的は「小山智史」氏だけで、精神障害者・社会的弱者による連続通り魔事件を演出するために他の人を殺傷した可能性があります。

今回も RAPT 理論を基に、この世の裏を見ていきたいと思います。

川崎殺傷事件

2019年5月28日に神奈川県川崎市多摩区登戸で発生した通り魔殺傷事件。被害者のうち2人が死亡し、17人が負傷(重軽傷)した。犯行の直後、加害者は自らを刺して、その後死亡した。

事件についてこちらから引用。

川崎市多摩区でスクールバスを待っていた私立カリタス小学校(同区)の児童と保護者計十九人が殺傷された事件で、事件後に首を切って自殺した岩崎隆一容疑者(51)とみられる人物が同市麻生区の自宅から電車を使って犯行現場近くの小田急線登戸駅に向かう様子が駅の防犯カメラに写っていたことが二十九日、捜査関係者への取材でわかった。

 複数の包丁を所持するなど当初から多くの人の殺害を計画していた可能性もあり、神奈川県警は同日午前、殺人容疑で岩崎容疑者の自宅を家宅捜索するなど犯行動機の解明を進める。

 捜査関係者によると、二十八日早朝、岩崎容疑者とみられる人物が、同容疑者の自宅の最寄り駅である小田急線読売ランド前駅で電車に乗り、三駅離れた登戸駅で降りる映像が駅の防犯カメラに残されていた。服装が犯行時と同じ、黒の半袖シャツに紺のジーンズ姿で、リュックサックを背負っていたことから、県警はこの人物は岩崎容疑者だったとみている。

 岩崎容疑者は、犯行現場から約四キロ離れた一軒家で親族と三人暮らしだった。同日午前七時ごろ、近所の四十代の女性に「おはようございます」とあいさつし、小走りで読売ランド前駅方面に向かう姿が目撃されていた。

 事件は、同日午前七時四十分ごろ発生。両手に包丁を持った岩崎容疑者が、バス停でスクールバスを待っていたカリタス小の児童や保護者を次々に襲い、六年の栗林華子さん(11)と、外務省職員小山智史(おやまさとし)さん(39)が死亡。女性(45)と六歳の女児二人が重傷を負うなど計十七人がけがをした。

ーー引用ここまでーー

この事件で最初に刺されたのは、外務省職員「小山智史」氏(以下、敬称略)です。彼は、背中の他に首も刺されており、犯人は確実に殺害する意図があったと思われます。

ーーこちらから引用ーー

搬送先の病院によると、小山さんは背中やなどに計4カ所、栗林さんは首に1カ所の刺し傷が確認された。ほかの児童らも首や顔、胸などに切り傷や刺し傷があったという。

ーー引用ここまでーー

もう一つ引用します。

ーーこちらからーー

<日本医科大学武蔵小杉病院>
日本医科大学武蔵小杉病院は正午から会見を開き、この病院に搬送された4人のうち女の子と39歳の男性が死亡したことを明らかにしました。

死亡した2人には首のあたりに刺し傷があり、現場に医師が到着した時にはすでに心肺停止の状態で、病院に搬送して治療を続けていました。

ーーここまでーー

もう一つ。

ーーこちらから引用ーー

川崎市多摩区でスクールバスを待っていた私立カリタス小の児童ら19人が殺傷された事件で、自殺した岩崎隆一容疑者(51)に最初に刺された保護者の外務省職員小山智史さん(39)は、背中を刺されたことが致命傷だったことが30日、神奈川県警への取材で分かった。県警は短時間で多数の児童を殺傷するため、まず抵抗しそうな大人の小山さんを背後からいきなり襲った可能性があるとみて、捜査を進める。

 県警によると、岩崎容疑者は両手に手袋を着け包丁を持ち、児童の列のそばにいた小山さんを襲撃。小山さんは背中2カ所と首、胸を刺され、背中から刺された傷が心臓まで達したとみられる。

ーーここまでーー

「小山智史」は首を刺されているのですが、ここで思いつくのが、フリーメイソンには秘密を漏らしたら首を切られるという掟があるということ。

ーーこちらから引用ーー

フリーメイソンリーは秘密結社または「semi-secret」(半分秘密の)団体と表現する場合があるが、いかなる団体であれ団体内部の秘密というものがあり、そうした視点においてフリーメイソンリーは広く知られた公開結社なのであるというフリーメイソンリー側の意見もある。「お前、秘密を漏らしたら首を切るぞ」と脅かして口伝で秘技を伝えた実務的メイソンの時代は400年間続いた。

ーー引用ここまでーー

この事件は、「小山智史」を殺害することが目的で、精神障害者あるいは社会的弱者による連続通り魔事件を演出するために、その他の人を殺傷した可能性があります。

マスコミは、犯人「岩崎隆一」が小学生を狙ったと印象づけたいようです。また、「小山智史」を英雄扱いです。やましいことがあるから、英雄として奉って供養したいのでしょうか。

ーーこちらから引用ーー

小山さんは、犯人から、まずまっ先に刺されたという。犯人は、子どもたちの列を狙っていたにもかかわらず、小山さんから襲った。犯人は、抵抗されると厄介な男性の保護者から狙ったのだ。

現場で死亡した小山さんには、4か所もの刺し傷があったという。複数回刺されたのは小山さんだけだったようだ。まず真っ先に背中から刺されたにもかかわらず、さらに3か所もの刺し傷があったのは、小山さんが、犯人を止めようとしたからではないか。「子供を必死に守っていたことがうかがえます」という証言も報道されている。

ーー引用ここまでーー

「小山智史」は心臓に達する刺し傷を背中から受けているので、子供を守るという行為は不可能です。

次に、犯人は犯行現場で首を刺して自殺を図り、死亡したと伝えられていますが、目撃者の証言によると、犯人は警察に連行されたということです。

(2019年6月1日 Youtube を追加しました。)

ーーこちらから引用ーー

番組では現場の状況を報じ、事件に遭遇した目撃者たちから話を聞く様子を放送。

刃物で刺したと思われる男が連行される姿を見たという男性は、その様子について「いや、もうなんか、自分で『どうでもいいや』っていう感じの…意識が。普通ではなかった」とやや言葉につまりながら話す。電車に乗っていると周囲が騒々しかったため、駅から降りて「なんだなんだ?」と思いながら現場に到着して「何があったんです?」と聞いたところ、男が連行されていたという。

ーー引用ここまでーー

首を刺して失血死するには、頚動脈にまで傷が達していなければいけないと思われますが、その場合、自分で「どうでもいいや」っていう感じにはなりません。連行することも不可能です。

本当に死亡したのか、疑わしいです。

そして、この証言者を貶めるような報道があります。

ーーこちらから引用ーー

7時40分頃発生したこの事件について、『スッキリ』では現場を生中継しながら報道。現場を目撃した通行人などに電話インタビューもしていたが、その中には、連行される犯人の男を目撃したという観光客の男性も。しかし、口調がたどたどしく呂律が回っていなかったり、キャスターの加藤浩次の質問に被せながら回答する場面もあった。

 また、加藤が「(犯人が)連行される状況、警察官が何人くらいいて、など覚えている範囲で教えていただきたいんですけど」と質問すると、男性は「いやー、もう警察は大量でしたね。あはは」と笑う一幕も。また、現場の状況について聞かれた際も「路上には血。なんていうんですか? あはは。血だまりっていうんですか。そういうのがなっちゃってるし」と話していた。

 これに対してネットからは、「いや、絶対酔っぱらってるでしょ。なんで笑ってるの…?」「笑いながら話すっておかしい。この人がヤバいやつでしょ」「悲惨な事件なのによくあんなヘラヘラした感じでインタビュー受けられるな…。すごく不快」といった批判の声が殺到。また、「この人をインタビューで出させようって判断誰がしたの?」「どういう経緯で出演者として選ばれたんだか気になる」「酔っ払いの野次馬のインタビューなんて取らないでちゃんとインタビューする人選びなよ…」という番組側に対する批判の声もあった。

 「また、生中継では上空から現場を捉えた映像を使っていましたが、道路上の生々しい血だまりを映しており、これについても『警察がシートで隠してるんだからわざわざ上空から撮らなくていい』『地上波がそういうの映すの本当にやめて欲しい』といった声も聞かれました。他局と差別化するために少しでも異なる目線からの情報を報道しようとするテレビ局の姿勢に、疑問の声も上がっていました」(芸能ライター)

 また、この男性は犯人について「『もうどうでもいいや』という感じ」と話していたものの、犯人は自らを刃物で刺し、重体となっている。これについて、コメンテーターの箕輪厚介氏が「情報では、犯人は首刺して意識不明の状態って言ってますけど、皆川さんは『どうでもいいやって感じで歩いてる』とおっしゃってる。違うと思うんですけど、意識不明って感じなんですか?」とツッコむも、それについては「そこまでは(分からない)」と明確な回答はなかった。

ーーここまでーー

証言者が実際に笑っていたのであれば不謹慎ですが、大事なことは、犯人は自分で歩いていたということです。首を刺して死ぬほどの重症を負った人が自分で歩くことはできません。

そもそもリストカットですら、ためらい傷がたくさんできます。首を切るなら尚更で、そう簡単に自分を切ったり刺したりできません。

犯人は死亡したことになっていますが、死んでいない可能性があります。

さらに、犯人確保したのは普通の警察官ではなさそうで、むしろ警察官を追い払うほどの権力を持っています(動画はこちら)。何者でしょう?

そして、動画でわかるように心肺蘇生をしていません。

警察官を追い払ったのは、実は首を切っていないことがばれないようにするためだったのではないでしょうか。犯人が死んだふりをしているのを、ばれないようにしているのではないでしょうか。

死亡した「小山智史」はミャンマー語専門家ですが、ミャンマーには円借款 823億円が承認されたばかりです。

ーーこちらから引用ーー

円借款823億円承認、2大都市の整備に活用
ミャンマー連邦議会は、最大都市ヤンゴンと第2の都市マンダレーの都市整備を目的とした円借款822億7,000万円の借り入れを承認した。金利は年0.01%で、償還期間は30年、猶予期間は10年。ミャンマー・タイムズ(電子版)が21日伝えた。

マウン・マウン・ウィン副計画・財務相によると、459億円はヤンゴンの下水管交換、245億8,000万円は同市の排水システムの改善などに充てる。残りはヤンゴンの6郡区とマンダレーの5郡区での送電網の建設や変圧器の設置に割り当てる計画だ。

ヤンゴンの下水管は設置から約130年が経過し、劣化が著しく進んでいる状態。電力関連への資金充当については、ヤンゴンとマンダレーでは電気消費量が年10~15%増加しており、需要増に対応する必要があるという。

上下両院の合同会計委員会のアウン・ミン副委員長は、「これらの事業は大規模で巨額の資金を必要とするため、今回の円借款の利用は適切な判断」との考えを示した。

ーー引用ここまでーー

これまでミャンマーの5000億円の円借款、債務免除がありましたが、さらに823億円もプレゼントするんですから太っ腹ですね。といっても元は私達の税金ですから、イルミナティの連中の懐は痛みませんし、むしろ今回も日本のイルミナティ企業がぼろ儲けすることでしょう。

ーーこちらから引用ーー

実は、この大規模な円借款は、結果的に同事業を受注する日系企業に還流される仕組みになっている。
 
延滞債務5000億円のリファイナンスと円借款の再開は、ミャンマーのインフラ整備事業を媒介して、日本企業の収益改善と債権者である日本国や銀行の資産の改善に寄与するというミラクルなスキームなのだ。


政府が官民あげてミャンマー支援を行う背景には、こうした伏線もある。

アベノミクスにおいては、政策として機動的な財政出動が掲げられているが、日本国内でいくら公共事業を行ったところで、かつてのような経済効果は見込めない。
 
もちろんそれは、安倍氏も麻生氏も理解しているはずである。日本が成熟した国家として物質的に充足した今、政府による需要創出には限界が来ているのだ。
 
ミャンマーにおける大型開発案件の受注が続くことによって、ゼネコン、商社、インフラ関連メーカー、建機メーカーなどの収益は大きく改善するはずだ。


さらにこのスキームが優れているのは、日本企業のバランスシートを改善させるだけでなく、ミャンマーの経済発展に寄与し、ミャンマー国民にも歓迎されることだ。

さらに以下で述べるような、対中パワーゲームにおいても重要な布石となる。3つの目的において「賢い手法」なのだ。

■オールジャパンでのミャンマー支援体制

先日、麻生氏に続き、柴山総務副大臣もミャンマーの首都ネピドーを訪れた。

NTTデータ、NEC、日立製作所、東芝など20社以上の日系ICT(情報通信技術)企業を引き連れて、インフラ関連分野への技術の売り込みを行ったのだ。

この他にも連日、日系企業や地方自治体のミャンマー詣では続いている。

政治家や企業だけではない。外務省、内閣府、財務省、経産省、総務省、国土交通省、法務省などの官庁から多くの官僚がミャンマー入りして、オールジャパンでのミャンマー支援の下地作りをしている。

もともと日本は、ミャンマー参入には後れを取っていたが、ここ半年で挽回し始めている。

旧民主党政権時代から、各官庁縦割りではなくタッグを組み、オールジャパンによる支援体制を作ってきた。

それは、今までの海外支援の形にはない総力体制を、ミャンマー政府に印象づけることに成功したからだろう。

実際、前出のティラワ経済特区の開発、その他交通インフラの整備、大和総研や東京証券取引所などによる金融市場の創設支援などの受注にも成功した。

ミャンマー政府は、海外からの投資を呼び込むために、昨年11月に外国投資法を改正した。

明文規定の解釈に争いが残る部分こそあるが、おおむね外資開放路線が貫かれていると言ってよい(改正法の詳細は、拙著『ミャンマー進出ガイドブック』にて解説)。

法制度が徐々に整備されていく中で、外国企業から進出上のハードルとして最もよく指摘されるのが、インフラの脆弱さだ。電力、道路、上下水道、通信、金融、港湾など……。

こうした経済活動において不可欠なインフラ整備関連事業において、日本企業は善戦している。

ミャンマーの現テインセイン政権の最重要課題である経済の改革開放と新国家建設、その中で重要な位置を占めるインフラ整備。

ミャンマー政府は、高い技術力を持った日本のゼネコンや開発メーカーなどからの支援と投資に期待を寄せている。

------(転載ここまで)

このように「安倍晋三」や「麻生太郎」がミャンマーに大盤振る舞いしているのは、その金を使って日本のイルミナティ各企業をボロ儲けさせるためなのです。

つまり、彼らが支払った何千億というお金は、結局、巡り巡って日本のイルミナティのメンバーの懐に入っていくようになっているわけです。

そしてもちろん、インフラ整備には大量の「セメント」が必要になりますので、「麻生家一族」もボロ儲けできる手筈になっているに違いありません。

また、以下の記事を見てみると、「安倍晋三」の兄が重役を務めている「三菱」もボロ儲けすることが既に決まっているようです。

----------(以下、こちらから転載)

ミャンマーで初の大規模工業団地が開業 日本が共同開発

【ヤンゴン=松井基一】ミャンマーで日本と同国の官民が共同開発を進めてきたティラワ工業団地が23日、開業した。

発電所などの周辺インフラを完備したミャンマー初の大規模工業団地。

一帯が経済特区(SEZ)に指定され、投資許認可手続きなども簡便になる。ティラワが受け皿となることで同国への製造業の進出が加速しそうだ。

ティラワ工業団地は最大都市ヤンゴンの南東約20キロメートルに立地。

面積は約400ヘクタール。

〈ティラワ工業団地の正面入口付近〉

2013年秋以降、三菱商事、丸紅、住友商事の3商社、国際協力機構(JICA)、ミャンマー政府、ミャンマー主要企業などが共同出資する開発会社が、造成を進めてきた。

(註・このように「三菱」は海外の開発には、どこにでも顔を出しますね。)

23日の記念式典には麻生太郎財務相、ミャンマーのニャン・トゥン副大統領、住友商事の中村邦晴社長らが出席した。

麻生財務相は「ミャンマーの雇用創出につながる重要なプロジェクト。日本企業の進出のゲートウエーになる」と挨拶。

ニャン・トゥン副大統領も「ティラワは外国投資にパラダイムシフトをもたらす」と強調した。

14年春の区画の先行販売開始以降、日本やミャンマー、米国など13カ国・地域の47社が進出を決めた。

王子ホールディングスやワコールホールディングスなど半分が日系企業で、用地の7割は埋まっている。

5万~6万人の雇用が生まれる見通しだ。

開発会社の主要株主は23日、現在の団地の隣接地、最大700ヘクタールの追加開発を検討する覚書を締結した。

投資額は約400億円で17年にも着工するとみられる。

同国ではティラワに加え、南東部ダウェー、西部チャオピューもSEZに指定されている。

いずれも開発はこれからだが、ミャンマー側は「ティラワを後続のSEZ開発のモデルとしたい」(セッ・アウン・ティラワSEZ管理委員会委員長)考え。

ダウェーは12年、タイ・ミャンマー両政府が共同開発することで合意。今年7月に日本も開発への参加を決めた。チャオピューも中国が開発に関心を示している。

----------(転載ここまで)

ミャンマーのインフラ整備に日本政府が力を貸しているとは名ばかりで、実はこのように日本の税金を使って、日本のイルミナティ各企業をボロ儲けさせようとしているわけです。


ーー引用ここまでーー

このようにミャンマーへの投資には「麻生太郎」や「安倍晋三」らイルミナティが深く関わっています。今回亡くなった「小山智史」は利権争いに巻き込まれたか、内部情報を漏らした、または漏らそうとしたために殺害された可能性があります。

今後、さらに情報が手に入れば、追記します。

こちらの記事、動画もどうぞ。

「麻生太郎」こそイルミナティの計画する主要な悪事の中心的な実行犯である。

北朝鮮の拉致問題は、天皇家と「李家」の茶番劇。

今回も RAPT 理論を基に、この世の裏を見ていきたいと思います。

天皇家と李氏朝鮮の王族「李家」との間に深いつながりがあることが分かってきました。

現在、日本を支配しているのは「李家」であり、彼らの悪事によって日本の政治経済はめちゃくちゃになり、庶民の生活は苦しくなっています。

今回は、天皇家と李家、韓国、北朝鮮のつながりについて深く掘り下げてみようと思います。

まず確認ですが、現在の天皇家は家系図の通り「李家」です(こちら)。

○「高木家」と「李家」とのつながり。

「三笠宮」の当主は崇仁親王妃百合子(たかひとしんのうひ ゆりこ、1923年〈大正12年〉6月4日 – )です。

彼女は昭和天皇の弟「三笠宮崇仁」の妃で、旧名は「高木百合子(たかぎ ゆりこ)」といいます。

彼女の母は 「入江為守 」の娘「入江邦子」で、「入江為守」は「冷泉為理」の3男で、藤原北家になります。

「麻生太郎」と同じ藤原北家で、「三笠宮」には「麻生太郎」の妹「寛仁親王妃信子」がいます。

「高木百合子」の父「 高木正得 」は、丹南藩(たんなんはん)藩主で譜代大名の「高木氏」の出身です。

藩祖の「高木正次」は、徳川十六神将の1人「高木清秀」の子で相模国・武蔵国・上総国・下総国及び近江国に9千石を領する旗本だったのですが、この「高木氏」の子孫には「正」の字が受け継がれています。

ーーこちらからーー

高木家

譜代 10,000石

1、高木正次
2、高木正成
3、高木正弘
4、高木正盛
5、高木正豊
6、高木正陳
7、高木正恒
8、高木正弼
9、高木正直
10、高木正剛
11、高木正明
12、高木正坦
13、高木正善

ーー引用ここまでーー

「高木」姓で「正」がつく人といえば、韓国元大統領の「朴 正煕(パク・チョンヒ)」で、日本名は「高木正雄」です。

彼は「小泉純一郎」や「小泉純也」にそっくりでした(画像はこちらから)。

さらに、「小泉純一郎」と「福田赳夫」、生長の家の教祖「谷口雅春」は、大韓民国初代大統領「李承晩」と似ています。「李承晩」は「李家」ですから、これら全員が「李家」とつながっている可能性があるわけです。

福田赳夫
李承晩
谷口雅春

まず、「李承晩」について、wikipedia より引用します。

李 承晩(り しょうばん、イ・スンマン、1875年3月26日 – 1965年7月19日)は、朝鮮の独立運動家で、大韓民国の初代大統領(在任1948年 – 1960年)。本貫は全州李氏。

全州李氏について、wikipedia から引用します。

全州李氏(ぜんしゅうりし、전주이씨、チョンジュイシ)は、朝鮮の氏族の一つ。本貫は全羅北道全州である。14世紀に李成桂が出て李氏朝鮮を建国した。

始祖は新羅で司空を務めた李翰(りかん)李成桂(りせいけい)は李翰から数えて22代子孫とされているが王族の李姓を持つものは女真族ではないかと言われている。李成桂の父李子春はモンゴル名の吾魯思不花と明記されている。李子春の同母兄李子興は塔思不花、李子春の兄弟も完者不花、那海などモンゴル名を持っていた。

李翰は、新羅で「司空」という役職に就いていたと『太宗実録』など李氏朝鮮時代の歴史書には記録されており、統一新羅時代から高麗時代にかけて全州地方に勢力を持っていた有力地方豪族だという説がある一方で、李翰の中国渡来説があり、これは全州李氏の記録である『完山実録』には、「李翰は元々は、中国に住んでいたが、海を渡って新羅に渡来した」と記録されており、また『李氏得姓之由來(이씨득성의유래)』には、「李翰は本来は中国の唐朝帝国の末裔であり、李翰の新羅への渡来以降代々全州に住んでいた」と記録されていることを証拠とする。

ーー引用ここまでーー

以上より、「李承晩」は「李氏朝鮮」の創設者「李成桂」の子孫ということですから、天皇家や安倍晋三と親戚です。

上の家系図で「李成桂」の子孫「李要三(岸要三)」→「李作蔵」→「庄吉」と続いています。

この「庄吉」は次の家系図の通り、「上田音吉」です。彼の母は「谷口スヘ」ですから、「上田音吉」は「谷口音吉」と名乗ることもあった可能性があります。

で、「谷口音吉」といえば、生長の家の教祖「谷口雅春」の父の名前です(こちら)。ですから、「谷口雅春」も「李家」の可能性が高いと考えられます。

上の家系図の「上田音吉」は、次の家系図にある初代「上田音吉」ですから、「笹川良一」、「畑中理」、「金正日」、「金正恩」、大本教の教主輔「出口王仁三郎」、創価学会の「牧口常三郎」も「李家」になります。

カルトと「李家」、北朝鮮、天皇家がずぶずぶにつながっています。

また、「金正恩」の母「横田めぐみ」は、「李垠( 李氏朝鮮第26代国王)高宗の七男 )」と天皇家の「梨本宮方子」の孫ですから、「李家」と「天皇家」の両方の血筋になります。

いまだに拉致問題と言っていますが、茶番であることは明らかですね。

ここで、「金正淑」と「金正男」、「金正日」、「金正恩」の4人の名前に「正」が含まれていることに注目したいと思います。

冒頭でお話したとおり、「正」の字が受け継がれているのは「高木氏」です。もしや、「金正淑」は高木氏ではないかと思って「三笠宮」の「高木百合子(1923年~)」と「金正淑(1917~1949年)」を比較してみますと、そっくりです。まるで姉妹です。「李家」と「高木氏」は一体になっています。

高木百合子
金正淑(キム・ジョンスク)

さらに「正」の字を持つ重要人物に「池口恵観(鮫島正純)(1936年~)」がいます。彼は「小泉純也(1904~1969年)」あるいは「小泉純一郎(1942年~)」の従兄弟といわれています。年齢的には「小泉純一郎」の従兄弟と思われます。

この「 池口恵観」こと「鮫島正純」ですが、名前に「正」と「純」があります。「正」があることから、「高木百合子」ら「高木氏」との血縁が疑われます。

また写真のように、「池口恵観」は「梨本宮方子」や「横田めぐみ」にも似ていますから、「梨本宮」の血筋でもあるかもしれません。「横田めぐみ」とは「恵」つながりです。

実際、彼は北朝鮮との関わりは深く、彼が法主を勤める、鹿児島県鹿児島市平川町にある単立(高野山真言宗ではない)烏帽子山最福寺には、松本明慶大仏師による国内最大級の木造仏・大弁才天(高さ18.5メートル)と、北朝鮮の初代指導者である金日成主席を尊敬する意味から金日成主席観世音菩薩が鎮座しているということです(こちら)。

次に「純」という字が、「池口恵観(鮫島正純)」と小泉親子の名前にあります。

で、李氏朝鮮の王族で「純」の字を持つのは誰かというと、「純宗(1874~1926年)」です。

純宗

「小泉純也」、「小泉純一郎」、「鮫島正純」は李王家の「純宗」の子孫の可能性があります。

「小泉純也」は1904年生まれですから、「純宗」の息子。

「池口恵観」は1938年生まれですから、「純宗」の孫です。

で、「小泉純也」にそっくりな人が「梨本伊都子(1882~1976年)」です(こちら)。

「純宗」と「梨本伊都子」の子が「小泉純也」かもしれません。

小泉純也
梨本伊都子

「梨本伊都子」は「梨本宮方子」の母です。

父は「鍋島直大」で、伊万里焼の創始者「李三平」を日本に連れてきた「鍋島直茂」の子孫です。鍋島氏も「李家」とのつながりが疑われます。

ついでですが、梨本宮方子の妹「広橋規子」;梨本宮守正王第二王女。

彼女の夫「広橋真光(ただみつ)(1902~1997年)」は、「李垠(りぎん)」や「高宗」に似ており、父の「広橋賢光」には似ていませんので、「李家」の背乗りかもしれません。

広橋真光 と 広橋規子
李垠(りぎん)
高宗
広橋賢光

次に「福田赳夫」ですが、彼の実家、高崎市金古町は、町全体が部落地区といわれています(こちら)。

さらに、「李一族の取り巻き幹部の息子が日本人になりすましたのが福田赳夫」という説もあります(こちら)。

おまけに、香港の大富豪「李嘉誠」と「福田康夫」がそっくりです(画像はこちらから)。

以上より、「福田赳夫」、「福田康夫」は「李家」の可能性が極めて高いです。

最後に「安倍昭恵」について記載したいと思います。

「安倍昭恵」は写真の通り、「朴槿恵」に似ていると言われています。

また、 「安倍昭恵」の父「松崎昭雄」と「朴正煕」も似ています。「朴正煕」は「小泉純一郎」と似ており「李家」と考えられるので、「松崎昭雄」と「安倍昭恵」も「李家」とのつながりが疑われます。

  右の写真は「朴槿恵」と「朴正煕」

「安倍昭恵」の外曾祖父「森永太一郎」の生家、森永商店は陶磁器の積み出し港として栄えた伊万里で一番の陶器問屋でした。

で、伊万里焼は、先ほど出てきた「鍋島直茂」により日本に連行された「李三平」が生みの親といわれています。

ーーこちらから引用ーー。

李 参平(り さんぺい、生年不詳 – 明暦元年8月11日(1655年9月10日))は、 朝鮮出身の陶工で、有田焼(伊万里焼)の生みの親として知られている。

ーー引用ここまでーー

伊万里焼は「李家」が始めたものですから、伊万里の陶器問屋であった「森永太一郎」も「李家」とつながっており、「李家」かもしれません。

どこまでも「李家」につながります。

で、実は「朴槿恵」は「安倍晋三」と結婚する可能性がありました。以下引用します。

朴槿恵大統領は安倍晋三のお嫁さん候補だった!?

情報漏洩問題などで周辺があわただしい朴槿恵大統領。父親は日本の軍人として活躍した朴正煕大統領ということは皆様もよくご存じであろう。彼女は母親を暗殺され、次いで父親も暗殺された。このような彼女の身を案じ引き取ろうとしていた日本の大物政治家がいたことはご存じない方も多いだろう。私も先日知ったのでご紹介したい。

以下、原彬久『岸信介証言録』より

岸「高木くんの奥さんが殺されて、しまいには高木くん本人まで殺された。しかも殺したのがKCIAの長官という一報が入ってきて
   あ、これはエラい事になったなあ、ってね。それで娘さんだけは絶対に守らなアカンと朝鮮とアメリカの伝手総動員で娘さんの安否を
   調べたもんですよ。男の子もいたけど男の子は男子の務め果たしてケジメつけないといかんかも、だけど娘さん達は助けないと、ってねえ」
原「娘さんですか?」
岸「そう、二人いたんだけどね、上の子は孫と文通もしとったからあの時は『もし韓国にいられないようなら引き取ってウチの二人の孫の嫁にしよう』
  なんて算段まで考えたもんです。まあその後梅原君が穏便に済ませてくれて杞憂で終わったけどね」

高木くん→朴正煕大統領 梅原くん→崔圭夏大統領

世が世ならば安倍晋三夫人は旧姓高木桜子(朴槿恵)さんだったかも知れない。安倍晋三と朴槿恵にはこのような繋がりがあるのだ。朴槿恵が、偽慰安婦像を放置したまま日本に10億円のおねだりをする相手に安倍晋三ほど適任はいない。日本政府は朴槿恵大統領をご招待するそうだが、個人的なお付き合いに国民を巻き込むにはお断りだ。

安倍昭恵
生誕 1962年6月10日(54歳)
日本 東京都 
出身校 聖心女子専門学校 
配偶者 安倍晋三 
親 松崎昭雄(父) 
親戚
森永太一郎(外曾祖父)
松崎半三郎(曾祖父)
森永太平(外祖父)
松崎一雄(祖父)
池部良(大叔父)
岡本太郎(遠戚)
岡本かの子(遠戚) 
安倍昭恵さんには弟がいて、名前は松崎勲(まつざきいさお)さん。
森永ヒ素ミルク事件 グリコ・森永事件

朴槿恵 元大統領
朴 槿恵は、大韓民国の政治家、大韓民国第18代大統領。 ウィキペディア
生年月日: 1952年2月2日 (65歳)
生まれ: Samdeok-dong
大統領任期: 2013年2月25日 – 2017年3月10日
両親: 朴正煕、 陸英修
兄弟姉妹: 朴志晩、 朴槿令
いとこ: 朴栄玉、 朴埈弘

ーー引用ここまでーー

「李家」の「安倍晋三」の結婚相手ですから、やはり「李家」から選ばれたのでしょう。「安倍昭恵」、「朴槿恵」どちらも「恵」という字がありますが、血がつながっているかもしれませんね。

以上、日本と韓国、北朝鮮、天皇家と「李家」が一体になっていることをお伝えしました。

いまだにマスコミは「拉致問題」と言っていますが、本当に馬鹿馬鹿しいです。

真実が広まり、天皇家、「李家」がこれ以上、悪事を働くことができなくなることを祈ります。

フリーメイソンハンドサイン

こちらの記事もどうぞ。

「麻生太郎」と山口組と統一教会と北朝鮮とイスラム国。全ては裏で一つにつながっている。

北朝鮮のトップ「金正恩」は日本の天皇家の血筋です。

安倍首相と山口組と統一教会と北朝鮮。全ては裏で一つにつながっている。

自衛隊内でケムトレイル賛成派が反対派の中心者を謀殺。李家の口封じの実態。

今回も RAPT 理論を基に、この世の裏を見ていきたいと思います。

自衛隊がケムトレイルを散布しているという自衛隊内部の情報をいただきましたので、お知らせします。

自衛隊内に2つの派閥があり、片方はケムトレイル賛成派、もう片方はケムトレイル反対派だそうです。

そして、ケムトレイル反対派の中心人物が、2017年5月15日に謀殺されたそうです。

ーー以下引用ーー

墜落した陸上自衛隊機の隊員4人の死亡を確認

「LR連絡偵察機」の機影がレーダーから消えたという。2017/05/15 14:34

UPDATE

2017/05/16 18:48

陸上自衛隊の連絡偵察機が墜落した北海道北斗市の山中で、4人の隊員が見つかった。いずれも死亡が確認されたという。NHKが報じた。

4人は、機長の高宮城効1等陸尉(53)、副操縦士の柳田智徳3等陸佐(41)、整備員の岡谷隆正2等陸曹(42)、整備員の玉木宏伸3等陸曹(28)だった。

UPDATE

2017/05/16 13:49

5月16日午後0時40分すぎ、北海道北斗市の山中で、乗員とみられる2人を発見した。安否などはわかっていないという。NHKが報じた。

北海道文化放送は、人数はわかっていないものの「遺体」を発見した、と報じている

自衛隊や警察が約1700人態勢で捜索を続けている。

UPDATE

2017/05/16 11:29

5月16日午前、不明となっていた自衛隊機の機体の一部と見られるものが、北海道北斗市の山中で見つかったという。NHKが報じた。

付近では、900人態勢で夜通しの捜索作業が続けられていた。北海道新聞によると、広範囲に金属片が散らばっており、墜落・大破した可能性もある。

レーダーから消える直前まで、トラブルを知らせるやりとりはなかったという。隊員4人の安否はわかっていない。

5月15日午前11時47分ごろ、北海道上空を飛行していた陸上自衛隊の「LR2連絡偵察機」がレーダーから消えた。防衛省が発表した。

複数の報道によると、LR2連絡偵察機は午前11時20分に札幌丘珠空港を離陸し、函館空港へ向かう途中だった。NHKは「北海道南部の厚沢部町にある鶉ダム付近に墜落か」と報じている。

陸上自衛隊のホームページによると、LR2連絡偵察機(通称・はやぶさ)は全長14mのプロペラ機。当該機には4人の自衛隊員が乗っていた。

道庁によると、飛行は、北海道知事の災害派遣要請を受けたもの。函館市内の病院に入院していた男性患者(50代)の容態が悪化し、専門的な治療のために空輸する目的だったという。午後6時現在も、機体は見つかっておらず、隊員の安否は不明のままだ。NHKによると、陸上自衛隊は60人態勢で現場付近を捜索。航空自衛隊もヘリや捜索機を出したほか、消防も協力しているという。

ーー引用ここまでーー

日本の天皇も首相も「李家」ですから、自衛隊も「李家」の支配下にあると考えられます(家系図はこちらから)。

実際、元航空幕僚長の「田母神俊雄」が元韓国大統領の「朴 正煕(パク・チョンヒ/高木正雄」にそっくりで、「朴 正煕」は「李家」とのつながりを指摘されています。ということは、「田母神俊雄」も「李家」の血筋の可能性があります。

李家の悪事がすべて暴かれ、李家が滅びるように祈ります。

そして、善人が悪人によって苦しめられることのない世界が速やかに来るように祈ります。

有名人が在日だらけなのはどうして?「天皇」も「安倍晋三」も李氏朝鮮の血筋だから。

今回も RAPT 理論を基に、この世の裏を見ていきたいと思います。

日本の有名人、著名人には在日が多いです。

SMAP は全員在日と言われています。

メンバーの朝鮮名は

木村・・・・金 拓成

中居・・・・朴 大正

稲垣・・・・鄭 壮勇

草薙・・・・崔 秀一

香取・・・・李 慎吾

どうして在日がこんなに幅を利かせているでしょうか。

彼らの背後には誰がいるのでしょうか。

「木村拓哉」の母「木村方子」は、イルミナティの重鎮である「東出融」にとっては「魂の姉」です(こちら)。

「木村拓哉」はイルミナティの重鎮に「魂の姉」と言われるほどの重要人物の息子なんですね。また彼女は東出融と同じく「生長の家」関係者でもあります。

ーーこちらから引用ーー

木村方子ですが、スピリチュアルに傾倒しており、

・宇宙エネルギー

・言霊の力

・アートテン

といって活動しているようです(こちら)。これ全部イルミナティの東出融と同じです。東出融も「アートテンテクノロジー」「宇宙エネルギー」「言霊」と言っています。宇宙エネルギーや言霊は「カタカムナ」につながり、カタカムナはルシファー信仰の源流です。

ということは、木村方子と東出融はルシファー信仰ですね。

で、ルシファー信仰→光明思想→生長の家(イルミナティ)ですね。

ーー引用ここまでーー

さらに、「木村方子」とそっくりな人を紹介します(こちらから)。

左上:木村方子 右上:工藤静香 左下:木村藤子 右下:出口すみ

木村藤子は霊能者、出口すみは大本教の「出口王仁三郎」の妻で大本の二代目教主です。

左:木村方子 右:横田早紀江
左:木村方子 右上:梨本宮方子(李方子) 右下:李垠

さらに、「木村方子」は北朝鮮の「金正恩」の祖母「横田早紀江」とその両親「 梨本宮方子(李方子)」と「李垠」にも似ています。

ということは、木村方子と木村拓哉は皇族や「李家」の血筋の可能性がありますね。

旧皇族「伏見宮」の血筋である「東出融」に魂の姉と言われるくらいですから、木村方子もそれなりの血筋であるはずです。在日がそれなりの血筋というのは変かもしれませんが、在日の有名人は朝鮮王族の「李家」および旧皇族と繋がっています。

伏見宮、李家について、下の家系図を参考にしてください。初代・上田音吉は「李作蔵」の次男「庄吉」にあたります。

上の二つの家系図とその他の情報を合わせて作られた系図が以下になります。北朝鮮の「金正恩」も天皇も、李氏朝鮮の創始者「李成桂」の子孫で、「李家」になります。さらに首相の「安倍晋三」も「李家」です。在日が幅を利かすのも無理はありません(こちらから引用)。

ついでに「DAIGO」の祖父「竹下登」も在日と言われています。

竹下登の父「李勇造」は斉州島生まれの韓国朝鮮人といわれており、「李家」の可能性があります。ですから、DAIGO も李家の血筋の可能性があるわけです。そして、写真の通りイルミナティのサインを堂々としています。真っ黒です。

○マスコミもしっかり在日に支配されています。

ーー「RAPT×読者対談〈第127弾〉イルミナティの終焉まであとわずか。」から引用ーー

CIAが構築した朝鮮人によるマスコミ監視システムをおさらいする。先ず、戦後に設立された「電通」の最高顧問である「成田豊」は在日と言われている。

wiki成田豊
在日の記述も昨今は、改ざんが進みWIKIからも記述は消えた。2009年には韓国政府から最高位の修交勲章光化章を受賞。日本政府からは旭日大綬章受章。韓日の架け橋役30年、電通の成田豊最高顧問 (中央日報 2009.03.25)

広告業界を束ねる「電通」にマスコミは逆らう事は出来ない。実はNHKも間接的に「電通」に支配されている。

NHKの番組制作の委託を受けている「NHKエンタープライズ」は「総合ビジョン」に番組制作を丸投げしている。「総合ビジョン」の株主は電通とNHKである。

wiki総合ビジョン
国民より強制徴収されるNHK受信料は「電通」の利益となって、利益の一部がNHKの役員の懐に収まる。

それでは次に、各新聞社の住所を列記する。

読売新聞東京本社  〒100-8055 東京都千代田区大手町1-7-1
韓国日報      〒100-0004 東京都千代田区大手町1-7-1 8F 

朝日新聞東京本社  〒104-8011 東京都中央区築地5-3-2
東亜日報      〒104-0045 東京都中央区築地5-3-2

毎日新聞東京本社  〒100-8051 東京都一ツ橋1-1-1
朝鮮日報      〒100-0004 東京都一ツ橋1-1-4F
 
産経新聞東京本社  〒100-8077 東京都千代田区大手町1-7-2
京郷新聞      〒100-0004 東京都千代田区大手町1-7-2

東京新聞      〒108-8010 東京都港区港南2-3-13
中日新聞東京本社  〒108-8010 東京都港区港南2-3-13
大韓毎日      〒108-8010 東京都港区港南2-3-13 4F

引き続き、テレビ局。

NHK放送センター〒150-8001 東京都渋谷区神南2-2-1
韓国放送公社   〒150-8001 東京都渋谷区神南2-2-1 NHK東館710-C

フジテレビジョン    〒137-8088 東京都港区台場2-4-8
韓国文化放送(MBC) 〒135-0091 東京都港区台場2-4-8 18F

TBSテレビ    〒107-8006 東京都港区赤坂5-3-6 
韓国総合TVNEWS   〒105-0000 東京都港区赤坂5-3-6  

以上の様に、日本のマスコミは朝鮮人によってしっかりと監視されている。マスコミを支配している朝鮮人は、芸能界と結託し様々な流行を巻き起こす。

ーー引用ここまでーー

日本のマスコミと在日のマスコミが同じ住所で、マスコミを支配する「電通」も在日です。

で、この電通は「生長の家(日本会議)」と一つにつながっています。

このような状況ですから、以下の引用記事の通り、有名人は在日がやたらと多いです。

ーーこちらから引用ーー

土井たか子(李高順)福島瑞穂(趙春花)筑紫哲也(朴三壽)佐高信(韓吉竜)山田花子(金花子)  原田泰造(金泰造) 安田成美(鄭成美) マッハ文朱(李文朱) 大山倍達(尹泰植) 力道山(金信洛) 岩城滉一(李光一) ジョニー大倉(李雲煥) 田中麗奈(鄭麗奈) 都はるみ(李春美) 松任谷 由実(金 玉子) 星野真里(李真里) 後藤真希(呉真希) 松宮貴至(生野巽) 沢田研二(李研二) 金子鎮宇(李珍宇) 安川正義(孫正義)立原正秋(金胤奎) 布袋寅泰(混血) 吉川晃司(レコード会社発) 篠原涼子 中村あずさ 八代亜紀(琉球と半島の混血) 浅野温子 池山隆寛 達川光男 金村義明(キムギミョン) 金本知憲 光山英和(この名字に倭人を知らん) 伊集院静 太平かつみ 神保美喜 杉原輝男 大原麗子 安原麗子(ex少女隊;やまとの歌謡曲タブーの韓国でオンステージって間違いなくその筋) 松本伊代(今後アイフルのCMに出てくるタレントは在日) aiko(柳井愛子,父親は総聯地方幹部)・EPO(佐藤榮子)・MAIKO(栄舞子,ZONE)・MEGUMI(山野仁,仁でめぐみと読む) misono(神田美苑)・MIYU(長瀬美夕,ZONE)・Reina(宮内玲奈,MAX)・YOSHIKI(林佳樹,X-JAPAN)・YOU(松岡ユキコ) YUKI(北村夕起,TRF)・赤井秀和・アンリ菅野(梅山静子)・いしだ壱成(星川一星,half)・いしのようこ(石野陽子)石野真子・いっこく堂(玉城一石)・うつみ宮土理(井川三重子)・ウド鈴木(鈴木任紀)・ガクト(岡部学,混血)・加勢大周 かたせ梨乃(杉田典子)・かとうれいこ(横尾房江)・川島直美・神田正輝・小西真奈美・島袋寛子(混血:沖縄・鮮人)・スガシカオ(菅止戈男)・すぎやまこういち(椙山浩一)・せんだみつお(中野光雄) つかこうへい(金原峰雄,金峰雄,)・つのだじろう・つんく♂(寺田光男) トミーズ雅(北村雅英,母親・北村金子)・とよた真帆(青山真穂)・ドンドコドン山口・名高達郎(名高達夫) なべおさみ・なべやかん・にしきのあきら(錦野旦)・西田尚美 西村ひろゆき(2ちゃんねる管理人)・ピエール瀧(瀧正則)・びびる大木・ヒロミ(小園浩己)・ベンガル(柳原晴郎) ポール牧(榛沢一道)・ホンコン(蔵野孝洋)・モト冬樹(武東裕男)・モンキッキー(大森明) もんたよしのり(門田頼命)・米倉涼子・ラッシャー板前 りゅうこうじ(笠浩二,C-C-B)・愛内里菜(垣内里佳子) 安めぐみ・安岡力也・安原麗子(少女隊)・安西ひろこ(安西紘子)・伊集院静・伊藤英明・伊藤美咲(安斎智子)・井出らっきょ(井出博士)・井上晴美(北村仁絵)・井上和香(新村直子)・井川遥(井川秀恵,趙秀恵) 井沢八郎(工藤金一)・井筒仁康・一色紗英(畠山紗英)・引田天功(板倉満里子) 宇多田ヒカル(岩下光)・永井真理子・永山藍子・永瀬正敏・永島敏行・永島暎子・永六輔(永孝雄,台湾人か)円広士・園まり(薗部毬子)・園原佑紀乃(園原ゆかり)・奥菜恵(三桝貴恵)・奥田瑛二・押尾学岡 安由美子・岡江久美子・岡崎友紀(岩倉友紀子)・岡田可愛・岡八郎(市岡輝夫) 岡本夏生(金村幸子,李夏生,李幸子)・沖雅也(日景城児)・沖田浩之(置鮎広之)・下川辰平・加護亜衣(B&K)・夏川結衣(宮川美紀)・河合奈保子(金原奈保子)・河合美智子(鈴木一栄)・河島英吾 火野正平(二瓶康一)・花咲まゆ(井沢由美)・華原朋美(下河原朋美)・角川博・角田ひろ 叶恭子(小山恭子,混血:鮮人とフィリピン)・叶美香(玉井美香,混血:鮮人とフィリピン) 舘ひろし(舘廣)・吉井怜(飛知和怜) 吉岡秀隆(川口,蕨界隈)・吉岡美穂(焼肉屋の娘)・吉幾三(鎌田善人)・吉川ひなの(高田愛)・吉川晃司 吉田日出子(平松日出子)・吉野きみ佳(吉野公佳)・丘みつ子(森田光子)・久本雅美 及川光博・宮下順子(金英姫)・宮川大助(松下孝美)・宮内淳 宮迫博之・宮本信子(池内信子)・玉置なみ(玉置成美)・玉置浩二 玉木宏・玉利かおる・桑名将博・桂木文・原久美子(北原久美子)・原口まさあき(原口晶匡)・原史奈・原田伸郎・原田美枝子・原田龍二・五木ひろし(松山数夫,混血:同和・鮮人)・倖田來未(神田來未子)・光浦靖子・光本幸子・工藤静香・工藤夕貴・幸田シャーミン 広末涼子・江角マキコ・江波杏子・香坂みゆき・香山美子・高岡早紀(高岡佐紀子)・高橋克典(梅宮の親戚)・高見恭子・高樹澪(貞谷油佳里)高倉・高知東生(大崎丈二)・高島礼子・高嶋ちさ子(盛田知佐子)高品格・高峰美枝子・高木美穂・黒沢優(混血:母・林寛子)・黒谷友香(日韓合作ドラマ出演)・佐藤絵梨子(佐藤栄利子,崔江利子)・佐野元春・坂田利夫(地神利夫)・坂東英二(満州?) 坂本九・坂本冬美・崎谷健次郎・桜金造(佐藤茂樹)・桜庭あつこ(金成亜希子)・三崎千恵子(宮阪トシ)・三田佳子(高橋嘉子)・三田寛子・山根元代 山咲千里(杵村千里)・山崎まさよし・山田雅人・山田邦子・児玉清(北川清)・寺島純子・鹿賀丈史(勝田薫且)・篠田三郎(大塚晴生)・篠田正浩 柴咲コウ(山村幸恵,千川部落)・手塚さとみ・酒井若菜(酒井美幸)・酒井美紀・酒井法子(高相法子) 樹希樹林・出川哲郎・春一番(春花直樹)・春日八郎 ・勝俣州和・勝呂誉 小坂一也・小松千春(小松崎千春)・小川菜摘(夫・浜田雅功) 小泉今日子(厚○市文化会館/温水方面の農村)・小倉優子・小沢健二 小池栄子(下北沢パチンコ屋の娘)・小柳ユキ(黒柳りん)・小柳ルミ子・小林幸子(焼肉屋)・松浦亜弥( 松村亜由美,皮屋の娘,BK混血) 松岡きっこ(岩谷紀公子)・松岡充(SOPHIA)・松岡俊介・松下由樹(松下幸枝)・松金洋子 松坂慶子(高内慶子,父親が鮮人,戦中長崎から海路脱出 松坂沙良・松山三四郎(秦光秀)・松山千春・松村邦彦 松村雄基(松村憲幸)・松嶋尚美(オセロの白、西成部落) 松嶋菜々子(座間出身,父親は倒産した某金属係企業) 松本紀保(藤間紀保子)・松本莉緒(金野恵)・笑福亭笑瓶(渡士洋)・上島竜兵(上島龍平)・城戸真亜子・常盤貴子(尼崎潮江出身,自称横浜)・森下愛子・森口博子(花村博美)・森口瑤子(坂元陽子)森高千里(父親が森高・母親が高森)・森次晃嗣(森次浩三)・森進一(森内一寛,母親が鮮人)森川美穂(榎並美穂)・森田健作(鈴木栄治)・真行寺君枝(大口君枝)・真中瞳(小林真知子,焼肉屋の娘) 神戸一郎・神保美喜・神野美伽(荒木美佳)・村春子(石山春子)・杉本彩(パチンコ屋の娘)・杉本哲太(杉坂哲太) 菅原都々子・成宮寛貴・星由里子・清岡純子・清水健太郎(園田巌)・西山浩司・西川のりお(川西康成) 西村和彦(伏見茶屋 仁志むら亭)・西村知美(西尾知美)・西田ひかる(西田光)・青江三奈(井原静子) 青田典子・斉藤陽子・石橋陵(石橋秀樹)・石原さとみ(石神国子)石川ひとみ(山田ひとみ)・石川秀美・石川梨華(揚梨華,父親は全国朝鮮総聯幹部)石塚英彦・石田ひかり(訓覇ひかり)・赤木春恵・千秋(藤本千秋) 千堂あきほ(先名iu晃穂)・千葉真一(前田禎穂)・川村ひかる(篠崎由希恵)・川中美幸 浅香光代(北岡昭子)・浅香唯(西川亜紀)・浅野ゆう子(赤沢裕子)・前田吟(前田信明) 倉田まりこ・相田翔子(千川部落周辺,鈴木敬子)相本久美子(倉内久美子)・草笛光子(栗田光子)・村上遥(安保由里子)・太田光・大原かおり(大原香織)大杉漣(大杉孝)・大谷直子・大塚寧々・大鶴儀丹 滝沢秀明(旧姓・指田)・宅麻伸(詫摩繁春)・沢口靖子・淡路恵子(井田阿紀子)池宮彰一郎(池上金男,池金男)・中山美穂(辻美穂,宋藍姫,選択屋)・中森明菜(B&K,肉屋),中川安奈(栗山安奈)・中村あずさ・中尾彬・中野英雄・仲根かすみ(植可澄美)・朝丘雪路・長瀬愛・長瀬智也・ 椎名詰平(岩城正剛)・椎名林檎(椎名裕美子)・辻仁成・辻沢杏子・堤大二郎・東ちづる(東智鶴)・藤原紀香(尼崎潮江朝鮮部落)・藤原竜也(藤原竜也)・藤村志保(静永操) 藤谷美紀(金谷満紀子)・藤本美貴(尹美貴,混血(母親)離婚,朝鮮総聯,北海道の焼肉屋) ・洞口依子(葛西依子)・奈美悦子(並川悦子)・内山理名(玉井杏奈,南足柄のK部落) 内村光良・内田裕也(内田雄也)・内藤剛志・内藤洋子・内藤陽子 内野聖陽・南こうせつ(南高節)・梅宮アンナ・梅宮辰夫(梅宮辰雄) 萩原聖人・柏木由紀子(大島由紀子)・柏木礼音(涼柴央)・白石美帆(阿久津桜)白川由美(二谷安基子)・白都真理(白木真理)・白竜(田貞一)・畑野浩子・畠田理恵・八乙女光(佐々木光) 八代亜紀(混血:沖縄・鮮人)・飯島愛(石井光子)・樋口可南子・美木良介(寺田良介)・氷室恭介(寺西修)・浜崎あゆみ(浜崎歩)・浜田雅功・富司純子(寺嶋純子) 布施明・布袋寅泰(父親が鮮人)・風吹ジュン(川添麗子)・平山あや・片瀬那奈 保坂尚輝(保阪尚希)・宝生桜子(山本絵里歌)・宝生舞(北村麻衣)・宝田明 豊原功輔・豊川悦司・北原賢治・北原三枝・本田美奈子(工藤美奈子)・本木雅弘・麻木久仁子(松本久仁子)・網浜直子(秦直子)・木ノ実ナナ(池田鞠子)・柳ジョージ・柳沢慎吾・柳樂優弥・優香(岡部広子,呉広子) 有馬隼人(TBSアナウンサー)・由紀さおり(安田章子)・由美かおる(西辻由美子) 遊井亮子(金井亮子)・余貴美子・揚原京子・揚田あき・葉山レイコ(栫美保子)・遥洋子・隆大介(柳明男)・龍円愛梨(テレ朝アナウンサー)・龍田梨恵・涼風真世(森永佳奈女)・鈴木京香・鈴木紗理奈(宗廣華奈子)・和央ようか・眞鍋かをり・池田大作・浜崎あゆみ(濱崎歩)=父は朝鮮半島から来たヤクザ 和田アキ子(金現子,飯塚現子)=大阪の在日スラム地区のキムチ商人の娘、従兄弟は金海道場というテコンドーの道場を開いている ソニン=もちろん在日、高知県の国際スクール出身 倉木麻衣(青野麻衣)=父は在日 西条秀樹(李龍雄)=韓国、斉州島出身、松田優作=父は日本人、母が韓国人、つまりハーフ 北野武=クオーター(4分の1朝鮮人の血が入っている)金子鎮宇(李珍宇)
光高姫安金赤白青黄柳竜龍英栄永東西南北希穂春夏秋冬玉明花美が姓名に入っていることが多い。

ーー引用ここまでーー

とても全部読めないくらい、在日が多いですね。

また、AKB48 のメンバーにも在日が多いという話です。

ーーこちらから引用ーー

AKB48

チームA
片山陽加…片(ピョン)/篠田麻里子…孫(ソン)/高城亜樹…黄(ファン)
中田ちさと…車(チャ)/
高橋みなみ…朴(パク)/前田敦子…金(キム)/前田亜美…金(キム)
松原夏海…宋(ソン)

チームK
秋元才加…秋(チュ)/内田眞由美…?(イェ)/大島優子…丁(チョン)
松井咲子…朴(パク)/
宮澤佐江…呂(ヨ)/横山由依…黄(ファン)

チームB
河西智美…柳(ユ)/小林香菜…林(イム)/佐藤亜美菜…左(さ)
佐藤夏希…左(さ)
鈴木紫帆里…金(キム)/渡辺麻友…辺(ピョン)

ーー引用ここまでーー

この AKB48 には電通が深く関わっています。

秋元康」のウィキペディアに、

「2005年、KRKプロデュース株式会社代表の窪田康志、株式会社office48代表の芝幸太郎、株式会社電通らと協力し『秋葉原48プロジェクト』を発足した。東京・秋葉原で女性アイドルグループ「AKB48」を立ち上げ、総合プロデューサーに就任した。」

と、記載されています。実際、チケットの企画に「電通」と記載されています(こちらから)。「AKB48」=「電通」ですね。

20090716222344

彼女達は、売れるためなら整形は当たり前のようです。

せっかくですので、整形 before, after を見ておきましょう(こちらから)。

20100817143627590
20100817143628115
20100817143628916
20100817143629839
20100817143631341

整形後はどれも同じ顔に見えてしまいます。お金のためなら顔を変える。涙ぐましい努力ですね。

整形手術はフリーメーソンの「高須克弥」がやったのでしょうか?実は、この「高須克弥」の整形前の顔は李家当主の「李源」にそっくりであると指摘されています。今、twitter では「李家」のそっくりさんが次々と見つかっています。今後、彼らの悪事がどんどん明らかになるでしょう。

ところで、秋元康がプロデュースしたアイドルユニットにはやたらと「48」が目に付きます(こちら)。

2005年、AKB48
2008年、SKE48
2009年 – 2012年、SDN48
2010年、NMB48
2011年、HKT48、乃木坂46、JKT48
2012年、SNH48
2015年、Thinking Dogs、欅坂46、日向坂46(旧:けやき坂46)、NGT48
2016年、BNK48
2017年、STU48、ラストアイドルファミリー
2018年、AKB48 Team TP、MNL48、AKB48 Team SH、吉本坂46、SGO48、IZ*ONE

ーーここまでーー

この「48」にはどういう意味があるのでしょうか。

6×8=48 で「48」は悪魔崇拝者が好む「6」と「8」からなります。

「6」は悪魔の数字。

「8」は八葉蓮華で、創価学会や高野山のシンボルマークになります。(その他、8の意味はこちら

「RAPT×読者対談〈第82弾〉カタカムナこそルシファー信仰の源流である。」より

s_Hokke_mandala
〈法華曼荼羅〉

なんだかカルトの香りが漂ってきましたが、電通が「生長の家」と繋がっている以上、秋元康も「生長の家」と繋がっているに決まっていますし、さらには麻生太郎や安倍晋三とも繋がっています。

それに、秋元康は山口組とも繋がっています。

ーーこちらから引用ーー

「麻生太郎」と「AKB」も無関係ではないわけです。むしろ、彼らは互いにかなり親しい間柄でしょう。

そして、その「AKB選挙」が行われた当日に「寛仁親王」が死んだ……。

そもそも、「秋元康」と「山口組」が裏でつながっていることは、一部の間では既に「公然の秘密」となっています。

---------------------(以下、こちらから転載)

■さすが週刊新潮!AKB48で訴えられたグループ創始者の暴力団同席写真

さて、AKB48スキャンダルは週刊文春ばかりではないぞと、週刊新潮が「AKB48創始者と暴力団の証拠写真」を掲載している。

創始者とは秋元康、窪田康志と一緒にAKB48立ち上げた芝幸太郎である。

彼は「office48」の代表取締役で、AKB48の48は「芝(しば)」からの語呂合わせである。

芝氏は強引な取り立てで有名になった「商工ファンド」の優秀な営業マンを振り出しに、いくつかの起業を経ていまのオフィスを設立した。

週刊新潮は以前「秋元康研究」を連載し、そこで芝氏が「暴力団との付き合いもあった」と書いたことで、損害賠償請求訴訟を起こされているのである。

それを証明するために、週刊新潮編集部は取材し、今回の写真を入手したのであろう。さすが週刊新潮。

写真には前に男女、後ろに4人の男がいる。

左端の人物を除いて全員目隠しをされている。

週刊新潮によれば、左端の男が芝氏で、和服姿の女性は山口組後藤組の組長夫人、その隣にいるのが「後藤組と極めて近い総会屋」、他の男たちは山口組の組関係者だという。

撮られたのは10年ほど前で、組長夫人がやっていたお店の何周年かのお祝いのパーティを、静岡県富士宮市のホテルで開いたときに撮られたものではないかと書いている。

芝氏は週刊新潮の取材に代理人を通じて、パーティには行ったことがあるが、暴力団との交際はないと答えているが、いささか苦しい言い訳ではないか。

(中略)

しかも、「秋元康」は「クールジャパン」の有識者会議のメンバーにも選ばれています。

クールジャパン – Wikipedia

そして、「クールジャパン」と言えば「麻生太郎」が先頭に立って、大々的に宣伝していた政策でもありますね。その証拠が、以下の動画です。

「麻生太郎」自身、マンガ好きを公言し、自分のホームページにも「マンガは日本の文化」と大々的に発信しています。その記事が以下になります。

麻生太郎オフィシャルサイト – 2007年8月号『マ ン ガ』

このように「麻生太郎」と「秋元康」はどこまでも深いつながりが見られるのです。

しかも、「山口組」といえば「安倍晋三」も深いつながりがありますよね。詳しくは以下のリンクをご参照下さい。

安倍首相と山口組と統一教会と北朝鮮。全ては裏で一つにつながっている。

で、その「安倍晋三」と「秋元康」も個人的にもともと親密な関係にあったようです。その証拠が、以下の記事です。

---------------------(以下、こちらから転載)

2015年6月26日発売「フライデー」(講談社)に掲載された、安倍晋三首相とともにAKB48総合プロデューサー・秋元康氏、幻冬舎・見城徹社長らが写った「組閣ごっこ写真」が波紋を呼んでいる。

ーー引用ここまでーー

どうして、「秋元康」は「安倍晋三」や「麻生太郎」とこんなに親しいのでしょうか。「秋元康」とは一体何者?

そこで、最近指摘されているのが、「秋元康」と先ほどの「李源」がそっくりだということです。「秋元康」も「李家」の可能性があります。つまり、「安倍晋三」や天皇家と親戚の可能性があります。

その「秋元康」の作詞した曲の歌詞に、「赤、青、黄色」と創価学会色であり、「秦氏(赤)」「出雲族(青・白)」「月派(黄)」の色が出てきます。気持ち悪いですね。

AKB48「愛の色」(秋元康)

とんねるず「フッフッフッってするんです」(秋元康)

で、赤、青、黄色、白と黒とくれば、「満州の国旗」ですね。満州も「李家」になります。悪魔崇拝のシンボルカラーを歌詞に入れて、洗脳したいのでしょうか。

○AKB48 のファンクラブが「二本柱の会」。

二本柱にはどのような意味があるのでしょう。

実は、二本の柱はフリーメイソンのシンボルになっています。なお、フリーメイソンはイルミナティの下部組織であると言われています(こちら)。

下の写真は東京メソニックセンターのフリーメイソンのオープンハウスより(こちら)。

イルミナティのシンボルで満たされたステンドグラス

この2本の柱は旧約聖書に出てくるソロモンの神殿にある2本の柱をモチーフにしているようです。ソロモンは最後に堕落して、悪魔を拝むようになったイスラエルの王です。だから、フリーメーソン、イルミナティは2本の柱を建てるのかもしれません。

ーーこちらから引用ーー

フリーソーメンさん達の悲願はソロモン神殿再建だと言われています。

太古の昔。
奴らの神殿。
ソロモン神殿の前にこーんな柱があったからという説が一般的です。

600x339.jpg
054kirisuto5.jpg

ソロモン神殿の前にはこういう2つの柱があったんですね。
数字の11はこの柱を表しているという説です。

この2つの柱は、ボアズとヤキンと言います。奴らのシンボルになっているのです。

jachin_boaz.jpg

(中略)

この2本柱ですが。
中世の建築物を多く建てたフリーソーメンさんたちは2本の柱を基本にした建築物が大好きでした。

dsc_3954_01.jpg
ロンドン ウェストミンスター大寺院


notredame06.jpg
パリ ノートルダム寺院


 

image010.jpg

このように

2本柱というシンボルをいろんな建物に埋め込んでいるのですね。

image014.png

そういう意味では、新宿都庁も非常に怪しい。
フリーソーメンさんの息のかかった建物かもしれません。

photo.png

そもそも、この2つの柱がある建物は何らかの意図があって作られたものなのです。
ーー引用ここまでーー

その他、大阪のツインタワーや梅田のスカイビルも2本の柱ですね。

大阪ツインタワー TWIN21 → 21 は韓国語でトンイル → 統一 → 統一教会

梅田スカイビル

また、いくつかの慰霊碑は2本柱のように見えます。

「あらかわ1」墜落事故殉職者慰霊碑
東日本大震災メモリアルパーク
岩沼市立千年希望の丘 相野釜公園

JAL123便墜落事故は二本柱であり、ピラミッドでもあります。

JAL123便墜落事故慰霊碑

これは慰霊碑ではなくて、フリーメーソンの犯罪記念碑ですね。

話を AKB に戻しますが、ファンクラブが「二本柱の会」ですから、AKB と秋元康はフリーメイソン、イルミナティと深い関わりがあるということがわかります。

実際、芸能界、電通、マスコミは、在日、イルミナティ(李家など)、やくざと一体です。

○次に、フリーメイソンには様々なサインがあるので、紹介したいと思います(こちらから)。

お笑い、芸能人、マスコミ関係者がイルミナティの洗脳装置として働いています。

こちらのサインは加藤茶の「かとちゃんぺ」と同じですね。

そして、DAIGO のウィッシュポーズ。

ついでですが、フリーメイソンのエプロンは google mail と同じです。

ボケと突っ込みのサインもあります。

AKB48 も探せばたくさん出てきます。

また、指で唇を指すのも意味があるようです。

華やかな芸能界ですが、やくざやイルミナティと繋がっているので、その世界に入ると当然身も心もボロボロになります。

麻薬、性接待、売春・・・汚れた世界です。

AKB も「ギャラのみ」しているそうです(こちら)。

在日、やくざ、イルミナティが退廃した世界を作り出し、日本を腐敗させています。テレビを見ていても、アイドルを追いかけても、幸せにはなれません。

堕落しきった世界から抜け出し幸せをつかむには、真実を知って彼らの洗脳から逃れないといけません。

これからも真実を求めて、伝え続けたいと思います。

○こちらの記事、動画もどうぞ。

追記

○その他の二本柱、慰霊碑について